スポンサーリンク

【世界一受けたい授業】ゾンビ体操のやり方 痩せる人痩せない人の違いで桂宮治さんダイエット挑戦11月5日

スポンサーリンク
エクササイズ 健康関連情報
スポンサーリンク

2022年11月5日の『世界一受けたい授業』で紹介された、池谷敏郎先生の痩せる人・痩せない人の違い・代謝アップ生活で痩せるゾンビ体操のやり方を紹介します!

今回の「世界一受けたい授業」では、池谷敏郎先生が登場しました。

代謝アップ生活で痩せる⁉︎

桂宮治さんが代謝アップ生活に挑戦しました。

この記事では、代謝アップにつながる生活方法のゾンビ体操のやり方をまとめます。

スポンサーリンク

代謝アップ生活方法で2週間で痩せる

代謝アップにおすすめの生活習慣を伝授!

笑点メンバーの桂宮治さんが、2週間の代謝アップ生活でダイエットに挑戦しました。

常温の水を飲む

代謝をあげるには、白湯を飲むよりも常温の水(15℃〜25℃)を飲むのが効果的です。

体温より低い水を飲む⇨代謝が上がって痩せる!

冷たい水を飲むと、エネルギー代謝が活性化します。

頻繁に飲むと効果的です。

DHA・EPA豊富な魚を食べる

DHA・EPA(必須脂肪酸)豊富な魚を食べると、代謝アップに必要なベージュ脂肪細胞が増えます。

特に朝食で魚を食べるとDHA・EPAを効果的に吸収できます。

ベージュ脂肪細胞:脂肪を燃焼させ消費エネルギー料を増やす脂肪細胞

魚の中でも、さんま・マグロ・サバ・イワシなどがおすすめです。

焼くとDHA・EPAが落ちやすく、魚のタンパク質グルタミン酸も壊れてしまうため、刺身やカルパッチョ、水煮缶など、生魚を食べるとより効果的です。

DHA・EPAが含まれるサプリをとるのもOKです。

食後は緑茶ミントティーを飲みます。(カテキン・メントールにはベージュ脂肪細胞を増やす効果が期待できる!)

1日1時間ほど首まわりを冷やす

ベージュ脂肪細胞は寒冷刺激で増えることがわかっています。

冷えたタオルやアイスベルトで1日合計1時間ほど首まわりを冷やすのがおすすめです。

ただし血圧が上がる可能性があるため、高血圧の方、心臓病など持病を持つ方は注意が必要です。

有酸素運動を行う(ウォーキングなど)

早歩き(ウォーキング)などの有酸素運動を毎日続けることで、ベージュ脂肪細胞を増やすことができます。

通学・通勤時に脚の付け根を大きく動かすことを意識して、普段より5〜10cmほど大股で歩くだけでもOKだそうです。

少し足に負荷がかかっているくらいが効果的です。

階段は1段ずつ上がることで、エネルギー消費アップに!

座っている時は、妄想ドローイングを行います。

「みんなが自分のお腹を見ている!」と妄想して、背もたれは使わずお腹をへこませた状態をキープ!

このほかにも、隙間時間にゾンビ体操を行うのも効果的です。

1日トータル30分有酸素運動を続けます。

ゾンビ体操のやり方

ゾンビ体操 世界一受けたい授業

移動するときにゾンビ体操を行うと、代謝アップにつながります。

⒈おなかをへこませる
⒉背筋を伸ばし胸を張る
⒊肩・腕・手の力を抜く
⒋肩と腕をブラブラする
⒌つま先だちで小刻みに動く

桂宮治さんのダイエット結果

2週間代謝アップ生活を送った桂宮治さんのダイエット結果を発表!

体重 77.3kg⇨75.0kg(マイナス2.3kg減)
体脂肪率  23.1%(40代男性標準値12〜22%)⇨21.4%(マイナス1.7%)
基礎代謝 1655 kcal(40代男性標準値1530kcal)⇨1665kcal(プラス10kcal)

まとめ

『世界一受けたい授業』で紹介された、池谷敏郎先生の痩せる人・痩せない人の違い・代謝アップ生活で痩せるゾンビ体操のやり方を紹介しました。

同じ日に放送された血流ゼロトレのやり方は、こちらでまとめています↓

ダイエット方法はこちらもおすすめです↓

世界一受けたい授業の記事

世界一受けたい授業HP