【きょうの料理】さけのみそ漬け揚げの作り方 大原千鶴さんの春の行楽弁当レシピ(2022年3月09日)

スポンサーリンク
さけのみそ漬け揚げグルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2022年3月9日にNHK『きょうの料理』で放送された 大原千鶴さんの春の行楽弁当レシピ「さけのみそ漬け揚げ」の作り方を紹介します!

今回の「きょうの料理」では、大原千鶴さんの季節感あふれる春の行楽弁当レシピが特集されました。

京都・花背の名料亭のご出身で、家庭的かつ美しい料理に定評のある大原千鶴さんが、冷めてもしっとりおいしく調理する技や見栄えよく盛りつけるコツなど、毎日の弁当作りにも役立つポイントを教えてくれました。

この記事では、大原千鶴さんの春の行楽弁当レシピ「さけのみそ漬け揚げ」の作り方をまとめます。

スポンサーリンク

【きょうの料理】さけのみそ漬け揚げの作り方 大原千鶴さんの春の行楽弁当レシピ(2022年3月09日)

Recipe by NEWS123Course: メインCuisine: さけのみそ漬け揚げDifficulty: 簡単
Servings

2

servings
Prep time

5

minutes
Cooking time

10

minutes
Calories

460

kcal
Total time

15

minutes

2022年3月9日にNHK『きょうの料理』で放送された 大原千鶴さんの春の行楽弁当レシピ「さけのみそ漬け揚げ」の作り方

材料

  • 生ざけ(切り身) 2切れ(200g)

  • 【A】 
  • 白みそ 150g

  • みりん 大さじ2

  • 米油(またはサラダ油) 大さじ3~4

  • 塩 適量

  • 小麦粉 適量

作り方

  • さけは塩小さじ1/4をふって冷蔵庫に10分間以上おき、水けを拭く。ボウルに【A】を入れ、ゴムべらでよく混ぜる。
  • 保存容器に【A】の1/3量を薄く敷き、ガーゼを敷いてさけを並べる。ガーゼをもう1枚かぶせ、残りの【A】をのせて平らにし、ふたをする。冷蔵庫に1~3日間おく。(白みそを使ったみそ床に漬けて、鮮やかな色を保ったまま、味をしみ込ませる。みそ床はガーゼを替えながら肉や切り身魚を漬けて、2〜3回利用可能。)
  • 2のさけを半分に切り、骨があれば除く。小麦粉を薄くまぶす。
  • 卵焼き器に米油を弱火で熱し、3を皮を下にして入れる。周りが白くなったら上下を返し、焦げないように様子を見ながら、揚げ焼きにして火を通す。(みそ漬けは揚げ焼きだと、油のおかげで火の当たりが優しくなり、ふんわりと火を通せる。卵焼き器なら少ない油で手軽にできる。)

メモ

  • 大原千鶴さんの春の行楽弁当レシピ

大原千鶴さんのレシピ本

まとめ

今回の記事では、2022年3月9日にNHK『きょうの料理』で放送された 大原千鶴さんの春の行楽弁当レシピ「さけのみそ漬け揚げ」の作り方をまとめました。

今回のきょうの料理記事一覧

きょうの料理大原千鶴さんのレシピ関連記事

きょうの料理番組情報