【あさイチ】脳科学者おすすめ勉強法 大人でもやる気・記憶力・集中力アップ!(11月15日)

スポンサーリンク
勉強生活の知恵
スポンサーリンク

2021年11月15日の『あさイチ』で放送された おとなでも効果が上がる脳科学者おすすめ勉強法を紹介します!

今回の「あさイチ」では、「人生を変える!おとなの勉強」が特集されました。

やる気・記憶力・集中力がアップする、脳科学者おすすめ勉強法を教えてくれました。

東北大学教授・瀧靖靖之さんが、集中力が続かないという悩みを持つ主婦の方に効果が上がる勉強法を伝授!

この記事では、脳科学者おすすめ大人の勉強法をまとめます。

スポンサーリンク

脳科学者おすすめ大人の勉強法

脳の可塑性(かそせい)変化し成長する性質とは?

脳の可塑性(変化し成長する性質)は、どれだけ歳をとっても備わっている能力だそうです。

瀧先生によると、50代、60代から勉強を始めても、ちょっと時間はかかりますが確実に能力は伸びると言います。

ポモドーロ法で集中力アップ!

人の集中力が続くのは、20〜30分と言われています。

25分間をタイマーでセットして勉強⇨5分間をタイマーでセットして休憩

の短期集中を繰り返すポモドーロ法で勉強すると、集中力が続きやすくなります。

最初と最後はよく覚えているのに、真ん中で勉強したことは覚えていないということが多いため、細かく区切って勉強した方が効率がアップします。

また人は1つのことにしか集中できないため、スマホや漫画など気の散るものを目の届かない場所に置いておくのも効果的だそうです。

ちなみに休憩中に眠くなったら、寝てしまうのもOKとのこと。

眠っている間に記憶は定着するため、問題ないそうです。

休憩の5分間:目を閉じてリラックス!

25分勉強・5分休憩×1〜4セットで集中力アップ!

記憶力アップ法

記憶の定着 あさイチ
出典:NHK

記憶の定着の推移を調査したところ、1度覚えたことはどんどん忘れていく傾向にありますが、定期的に復習すると記憶したことは100%近く元に戻ることがわかっています。

1日2〜3分だけでもちょこっと復習することで、覚えたことが定着して記憶として残っていくそうです。

またちらっと予習することで、頭の中に残りやすくなります。

ほんの少しだけ次の日にやることを見ておくだけで、頭に入りやすくなります。

記憶力の達人によると、勉強はウサギ作戦で行うと頭に入りやすいとのこと。

カメ:じっくり一つ一つの単語を覚える

ウサギ:素早く次々と新たな単語を覚える

繰り返し復習(ちょこっと復習)することで、記憶力アップ!

最後の2分くらいで次にやることをちらっと予習すると、効率アップ!

何度も繰り返す!

やる気アップ法(どこでも勉強法)

場所を決めて勉強する⇨場所を決めずこま切れで勉強する

に発想を切り替えることで、家中どこでも隙間時間に勉強することができます。

決まった場所で「嫌だ」という感情を持って勉強するよりも、どこにでも勉強のテキストや資料を貼って嫌な感情が起こる前に勉強することで、やる気がアップします。

またワクワクする、将来像をイメージすることで、やる気・記憶力を司る扁桃体・海馬の働きも良くなるそうです。

勉強する先にある楽しいことを思い浮かべると、やる気アップにつながります。

家中どこでも勉強法でやる気アップ!

楽しいことを考えながら勉強するとやる気アップ!

まとめ

脳科学者おすすめ大人の勉強法を紹介しました。

翌日放送されたコロナ禍のオーラルケアは、こちらでまとめています↓

【あさイチ】オーラルケア 歯周病・虫歯・口臭予防 歯磨きデンタルフロスのやり方(11月16日)

あさイチの記事では、こちらもおすすめです↓

あさイチHP