【きょうの料理】牛肉とにんじんの焼き餃子の作り方 按田優子シェフのレシピ(11月16日)

スポンサーリンク
牛肉とにんじんの焼き餃子グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2021年11月16日にNHK『きょうの料理』で放送された 按田優子さんのレシピ「牛肉とにんじんの焼き餃子」の作り方を紹介します!

今回の「きょうの料理」では、一流料理人にプロの技を教わるプロ直伝餃子レシピが特集されました。

ミシュランにも掲載され、若者から絶大な人気を誇る餃子専門店「按田餃子(あんだぎょうざ)」按田優子シェフが、初心者でも作りやすい餃子の皮の作り方や、旬の食材を使ったギョーザレシピを教えてくれました。

この記事では、按田優子シェフのレシピ「牛肉とにんじんの焼きギョーザ」の作り方を紹介します!

スポンサーリンク

【きょうの料理】牛肉とにんじんの焼き餃子の作り方 按田優子シェフのレシピ(11月16日)

Recipe by NEWS123Course: メインCuisine: 餃子, ギョーザ, 牛肉とにんじんの焼き餃子, 牛肉とにんじんの焼きギョーザDifficulty: 普通
Servings

4

servings
Prep time

5

minutes
Cooking time

55

minutes
Calories

40

kcal
Total time

1

hour 

按田餃子の按田シェフのギョーザレシピ「牛肉とにんじんの焼きギョーザ」(20個分)です。カロリーは1個分のカロリーです。

材料

  • 牛ひき肉  100g

  • にんじん(細切り)80g

  • 玉ねぎ(みじん切り) 20g

  • 塩  小さじ1/2

  • しょうゆ  小さじ1と1/2

  • 黒コショウ(粗挽き) 少々

  • シナモンパウダー  少々

  • 餃子の皮
  • 強力粉  140g

  • 水  70ml

  • 塩  小さじ2/3

  • 打ち粉(強力粉)  適量

  • そのほかの材料
  • 水  適量(フライパンの深さ1cmくらい)

  • サラダ油  少々

  • バルサミコ酢  適量

作り方

  • にんじんを細切りして、玉ねぎをみじん切りする
  • 牛ひき肉・にんじん・玉ねぎをボウルに入れ、塩・しょうゆ・黒コショウ・シナモンパウダーを加えて練り混ぜる
  • 餃子の皮
  • 別のボウルに強力粉と分量の水を入れ、箸1本でぐるぐると軽く混ぜる(フォークやスプーンでもOK)
  • 粉に水分が行き渡りひとまとまりになったら、手でこねる
    <ポイント>手でこねるときはギュッと生地をつかんで手のひらで押しのばす動作を数回繰り返す
  • 粉っぽさがなくなったら、生地を丸めてフタ(またはラップ)をして5分ほど置く
  • 再び手で数回こねて同様に5分ほど置く。これを3回繰り返し、形を丸く整える。
  • 生地を手のひらで軽くつぶし、中央に穴を開けドーナツ状にのばしながら、生地の輪の長さが40cm程度になるまでのばす
  • 生地を包丁で4等分に切り、それぞれをさらに5等分に切り(20等分にする)、打ち粉をよくまぶす
  • 手のひらで軽くつぶし、麺棒(あれば短いもの)で直径6〜7cmの円形にのばし、打ち粉をまぶす
  • 包む
  • 肉ダネを20等分にする
  • ギョーザの皮に1/20量ずつのせ、半分に折って縁を閉じる
    <ポイント>手打ちの皮はよくのびるので、ヒダは作らなくてもくっつく
  • 焼く
  • 餃子をフライパンに並べ、水を深さ1cm深さくらいまで注いでフタをして、中火で6分間ほど蒸し焼きする
  • フタを取り水分が少し残っている状態で、最後にサラダ油少々を回しかけて2〜3分ほどカリッと焼き上げる
    <ポイント>鍋肌の色を見て、焦げてきたら皿に移す(鍋肌の色よりも餃子の焦げは薄いそうです)
  • バルサミコ酢をつけて食べると美味しい!

まとめ

按田優子さんの餃子レシピ「牛肉とにんじんの焼きギョーザ」を紹介しました。

一緒に作った餃子レシピです↓

【きょうの料理】豚肉と白菜の水餃子の作り方 按田優子シェフのレシピ(11月16日)

先週放送されたレシピは、こちらでまとめています↓

【きょうの料理】ひと口唐揚げの作り方 浜野謙太さんがんばれ父ちゃん弁当レシピ(11月12日)

【きょうの料理】しっとり卵焼きの作り方 浜野謙太さんがんばれ父ちゃん弁当レシピ(11月12日)

【きょうの料理】豆腐バーグの作り方 浜野謙太さんがんばれ父ちゃん弁当レシピ(11月12日)

【きょうの料理】巣ごもり卵の作り方 浜野謙太さんがんばれ父ちゃん弁当レシピ(11月12日)

きょうの料理のレシピでは、こちらも人気です↓

きょうの料理HP

按田優子さんのレシピ本です↓