【ヒルナンデス】ポークソテーの作り方 水島弘史さん豚肉調理法レシピ(5月19日)

スポンサーリンク
ポークソテー ヒルナンデスグルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2021年5月19日の『ヒルナンデス』では、料理のプロに聞いた豚肉のベストな調理法が特集されました。

この記事では、料理研究家水島弘史さんのポークソテーの作り方を紹介します!

プロが選ぶ豚肉が一番美味しくなるレシピは、焼く?ゆでる?

料理研究家の水島弘史さん、新広東菜 銀座 嘉禅の簗田(やなだ)圭シェフ、家政婦マコさん、管理栄養士の渥美まゆ美さんに、それぞれ豚肉のベストな調理法を教えてもらいました。

スポンサーリンク

【ヒルナンデス】ポークソテーの作り方 水島弘史さん豚肉調理法レシピ(5月19日)

Recipe by NEWS123Course: メインCuisine: ポークソテー
Servings

1

servings
Cooking time

20

minutes
Total time

1

hour 

10

minutes

水島弘史産の豚肉調理法です。

材料

  • 豚ロース肉(トンカツ用) 1cmくらいの厚み100g

  • 油  小さじ2

  • 塩  適量(豚肉の0.9%)

  • コショウ 適量

作り方

  • 豚ロース肉の脂身と筋に切り込みを入れる。(肉まで深く入れない!)
  • フライパンにサラダ油をひき、豚をトングで挟んで立てるようにして脂身から中火より少し弱めの火で焼く。(30秒くらいで音がするくらいの火加減で)
  • 焼き始めから2分、脂身に焼き色がついたら火を止めて、まず片面を焼く
  • 3分して横から見て半分の高さまで白っぽくなってきたら、裏返して弱めの中火で焼く。
  • 2〜3分して油がはねてきたら火を止める。
    <ポイント>トングで持ちお肉が曲がるようならまだ火が通っていないので、もうしばらく焼く。トングで持ってお肉が曲がらないなら火が通っている証拠!
  • 肉を取り出し油を捨てて、フライパンを強火にかけ、熱くなったら盛りつけたとき上になる面から20秒くらい焼く。
  • 焼き色がついたら裏返し、10秒焼く。盛り付けた時上になる面のみコショウを振る。
  • 肉を取り出し、時間があればボウルをかぶせて肉を休ませる。3分ほどしたら皿に盛る。

まとめ

水島弘史さんの美味しい豚肉調理法を紹介しました。

豚肉のタンパク質は65℃くらいから固まり始めるので、弱火でじっくり焼くのが美味しく仕上げるポイントだそうです。

このほかの豚肉調理レシピは、こちらでまとめています↓

タイトルとURLをコピーしました