【林修の今でしょ講座】 睡眠法の新常識 枕の選び方寝返りチェック法で肩こり腰痛改善(5月11日)

スポンサーリンク
まくら健康関連情報
スポンサーリンク

2021年5月11日の『林修の今でしょ!講座』では、正しい睡眠法を最新研究の結果から医師がレクチャー!

この記事では、ぐっすり眠れる最高の睡眠法・寝具編について紹介します!

スポンサーリンク

枕は素材や値段ではなく高さで選ぶ!

枕は素材や値段ではなく、高さで選ぶことが重要です。

枕を選ぶときは、寝返りのしやすさがポイントとです。

人は平均20回ほど寝返りをしているそうです。

この寝返りがうまくできないと、腰痛や肩こりの原因になります。

 

寝返りチェック法

枕の高さがあっているか、寝返りチェック法で確認できます。

⒈ 枕を置いて仰向けに寝て、両手を胸の前にクロスする

⒉ 両膝を立てる

⒊ 左右に寝返りしてチェック

 

頭を持ち上げる=枕の高さが足りていない証拠!

上半身と下半身の動きがバラバラになってしまいます。

枕の高さがあっていると、上半身と下半身の動きが同じになりスムーズに寝返りを打てます。

 

肩こりには両端が高い枕がおすすめ

肩こりに悩んでいる人は、両端が高い枕がお勧めです。

低い枕だと横に向いたとき肩周りが圧迫され苦しくなります。

いびきには幅が広く薄めの枕

いびきの専門家が使っているのが、幅が広くて薄めの枕です。

薄い枕だと寝返りを打っても気道がふさがらず、確保されやすいそうです。

体重が気になる人はヒノキ入り硬めの枕

体重が気になる人なら、ヒノキ入り硬めの枕がおすすめです。

柔らかい枕だと睡眠中に頭が沈み、首や肩に負担がかかりやすくなります。

汗をかきやすいため、通気性速乾性が良いヒノキ素材の枕が良いとのこと。

軽い布団の方が睡眠の質が上がる?

Q.軽い布団の方が睡眠の質が上がる?

 

答え:×

重い布団の方が睡眠の質が上がることがわかっています。

60kgの人なら、3〜4kgがおすすめです。

まとめ

今回【林修の今でしょ講座】では、2021年最新!ぐっすり眠れる最高の睡眠法の1つとして、睡眠法の新常識 枕の選び方寝返りチェック法で肩こり腰痛改善が紹介されました。

その他の2021年最新!ぐっすり眠れる最高の睡眠法は、

↓ ↓ ↓ こちらの記事で紹介しています!

今回の【林修の今でしょ講座】で紹介された目覚ましグッズまとめ

今回の【林修の今でしょ講座】で紹介されたB-lifeMarikoさんのヨガ1分ストレッチのやり方&睡眠法