【所JAPAN(所ジャパン)】全国0円パーク遊園地水族館0円施設

【所JAPAN(所ジャパン)】全国0円パーク遊園地水族館0円施設(2022年7月26日)

所JAPAN(所ジャパン)島田電機製作所エンタメ情報

2022年7月26日の『所JAPAN(所ジャパン)』で放送された、全国0円パーク遊園地水族館0円施設を紹介します!

1000種類のボタンが押し放題?日本一予約が取れないと話題の工場見学、テレビ初潜入!映画でみた近未来が完全無料で体感できる施設、高知発お父さんが疲れるとウワサの「0円遊園地」、佐賀発コスプレイヤーが集結する謎の「0円宮殿」、京都発超危険だけど超愛されている「0円水族館」など。

今回の記事では、2022年7月26日の『所JAPAN(所ジャパン)』で放送された、全国0円パーク遊園地水族館0円施設をまとめます。

スポンサーリンク

島田電機製作所の工場見学(東京都)

島田電機製作所は、1933年創業、オーダーメイドでエレベータのボタンや到着灯を製造する専門メーカーで、その国内シェアは60%以上! 

島田電機製作所の工場見学は、30分で予約が埋まるほど大人気!

なぜ、そんなに工場見学が、人気なのか???

島田電機製作所の工場見学が人気の理由

1.世界でここだけ1000種類のボタン体験

1000個ボタンゾーンでは、実際に使われているボタンから、公募で採用されたユニークなボタンまで展示されており、ボタンを押せばすべて点灯するようになっています。

また、1000個ボタンゾーンが人気なのは、30秒でどれだけボタンを押せるかチャレンジ!

好記録を出せば、写真も貼り出してくれます。

2.雪の華を降らすスーパーハイテクマシーン

アクリル加工を至近距離でけ見学可能!

アクリルが雪の様に削れていくのを見学することができ、削れたアクリルは、持ち帰り可能。

3.その距離10㎝!間近で見られる職人技

島田電機製作所の工場見学では、職人技を至近距離で見学することが可能で、その場で疑問に思ったことを直接職人さんに質問できることも人気の理由です。

島田電機製作所が工場見学を0円で行っている理由

島田電機製作所は、なぜオープンな工場見学を0円で行っているのでしょうか???

島田電機製作所5代目社長に聞いてみると、『元々、島田電機製作所は非常に閉鎖的な町工場だったのですが、その時は、外の声が全然聞こえてこなかったですし、自分たちが良いと思うことしかしてこなかった会社だった、だから一般の方が来てリアクションしてもらうことで、そもそも自分たちがやっていることがどういう風に喜ばれているのかを知るっていう意味でも非常に重要な形なんじゃないかなと思っています』とのこと。

社員の自主性を育てる為と始めたので見学料は0円とのことで、そのおかげで、売上も2億円以上アップしたとのこと。

TEPIA先端技術館(東京都)

TEPIA先端技術館(東京都)は、1989年開館、より良い未来社会を作る為の最先端の技術を紹介する展示施設で、映画で観た未来世界を0円で体験できると人気の施設です。

今年3月にリニューアルオープンし、今回が初めてのテレビ取材!

ピコトンズ

一見幼児のおもちゃのように見えるピコトンズは、2020年に商品化され、郷ひろみさんや久保田利伸さんの曲も製作するSASUKEさんも開発に参加。

ピコトンズは、キューブをマットの上に置くだけで、ピアノやドラム、ギターなど、様々な楽器の音が!

マットに埋め込まれている音情報をキューブのセンサーで読み取ることで、誰でも簡単に演奏や作曲を楽しめるというもの。

TEPIA先端技術館(東京都)が入館無料の理由

TEPIA先端技術館(東京都)が利用無料の理由は、若手クリエイターやベンチャー企業のアイデア発表の場ともなっている為入館は0円とのこと。

JAXA調布航空宇宙センター(東京都調布)

JAXA調布航空宇宙センターでは、実際に実験に使われた小型超音速実験機NEXST-1などが目の前で見学できたり、スペースミッションシミュレーターで宇宙ステーションへのドッキングなどを体験することができます。

JAXA調布航空宇宙センター(東京都調布)が入場料無料の理由

宇宙をもっと身近に!とつくられたため、入場料0円!

実物のターボファンエンジンFJR710も、0円で回し放題です。

インターメディアテク(東京・千代田区)

千代田区にあるインターメディアテクでは、体長8mのミンククジラの骨格標本や、高さ4mのマサイキリンの標本、安田講堂の2代目巨大時計など、東京大学で使わなくなった教材などを解放している博物館です。

東大の天才たちが使っていた椅子にも座り放題!

消防博物館(東京・新宿区)

新宿区四谷にある消防博物館は、江戸時代から現代にかけての消防に関する品を1万点以上所蔵しています。

中には約100年前、大正13年に輸入されたポンプ車や、木製はしご車など、ここでしか見られない激レア消防車が見れます。

一番人気は消火活動が体験できるシミュレーションゲームです。

これも全て0円で体験できます。

今回は特別に、カズレーザーさんが放水作業を体験させてもらいました。(0円では体験できません。)

創造広場 アクトランド(高知県)

創造広場 アクトランド(高知県)


坂本龍馬直筆の手紙などが展示されている坂本龍馬記念館(観覧料:大人500円)をはじめ、龍馬の生まれたまち記念館(入場料一般300円)など坂本龍馬に関するスポットが多い高知県。

そんな高知県にある創造広場 アクトランドは、お父さんが疲れる遊園地だといいます。

まわりは世界クラシックカー博物館(一般1000円)や世界偉人館(一般1000円)など8個の有料施設に囲まれていますが、アクトランドだけが0円です。

広さ約1600平米の園内では、巨木のジャングルジム、海賊船バイキングなど、16種類の遊具が遊び放題で0円です。

すべて自分で動かす人力の遊具なので、0円で楽しめます。

走って回す空中ブランコや、舵を回すと船が上昇するバイキングなど、大型遊具も人力です。

有田ポーセリンパーク(佐賀県有田町)

有田焼で有名な佐賀県有田町の山奥にある有田ポーセリンパークでは、高さ約25m、横幅約500mの巨大宮殿が出迎えてくれます。

中に入ると中世ヨーロッパのバロック式庭園が広がっています。

東ドイツにあったツヴィンガー宮殿の地下に約400年前に輸出された国宝級の有田焼が眠っていたことがきっかけで作られたパークです。

その有田焼を地元有志らが買い取り日本で公開する際に、地元を盛り上げるためにツヴィンガー宮殿を再現しました。

国宝級有田焼が展示されているコーナーは有料ですが、海外に行かなくても宮殿で本格的な写真を撮れることから、全国からコスプレイヤーが訪れています。(コスプレ撮影:1日5500円)

園内にある遊具などは無料で遊べます。

花園教会水族館(京都府)

花園キリスト教会に隣接する花園教会水族館では、広さ約50平米の館内で190種類の生き物が飼育されています。

館長兼牧師の篠澤さんが、生き物について教えてくれました。

カミツキガメは特定外来生物で個人では飼えない生き物です。

マタマタは葉っぱに擬態している生物で、とても珍しいそうです。

チャンナバルカは市場価格30〜40万円もする高級魚です。

ゾウガメも放し飼いされていました。

警察で保護されたり、飼えなくなった人から引き受けた動物たちの受け皿になっているため、入館料は0円です。

飼いたくなったら里親になることもできるそうです。

水族館を始めて今年で10年になるそうですが、生き物のボランティアをしている人が15人います。

行き場を無くした生き物たちを引き取り子供達に見てもらいたいという心優しい艦長がいる水族館でした。

まとめ

今回の記事では、2022年7月26日の『所JAPAN(所ジャパン)』で放送された、全国0円パーク遊園地水族館0円施設をまとめました。

所ジャパン関連記事

所ジャパン番組情報

所JAPAN公式HP