スポンサーリンク

【所JAPAN(所ジャパン)】ニトリ買わなきゃ損のアイデア商品&おねだん異常な高額商品 (2022年4月26日)

スポンサーリンク
ニトリ 家電関連情報
スポンサーリンク

2022年4月26日の『所JAPAN(所ジャパン)』で放送された、ニトリ買わなきゃ損のアイデア商品&買えば一生モノのおねだん異常な高額商品を大特集を紹介します!

今回の所ジャパンでは、ニトリの店舗を訪れた井上咲楽さんが、ニトリヘビーユーザーたちが選ぶ激推し人気商品を紹介!

現在、国内外に800店舗以上を展開しているニトリは、なんと35年連続売上高UP!

年間のニトリ来訪者数は2億人以上!

その勢いは店舗だけにとどまらず、全国4か所に、巨大商業施設ニトリモールを展開。

そんな、ニトリは買わなきゃ損のアイデア商品が盛りだくさん。

1台で何役もこなす多機能な調理器具や、料理や洗濯の手間を大幅に減らせるアイデア商品などが登場しました。

その便利さに「いいね!これ!」と所さんも大絶賛!

今回の記事では、所ジャパンで紹介された「ニトリ買わなきゃ損のアイデア商品&買えば一生モノのおねだん異常な高額商品を大特集」をまとめます。

スポンサーリンク

フリーザーバックMサイズ24枚入り

フリーザーバックMサイズ24枚入り相場では約500円のところニトリでは半額以下の179円。

スキレット鍋

アウトドアで大人気の温度が冷め難いスキレット鍋は相場では約1200円のところ、ニトリでは299円~

オイルスクリーン

油はねをガードする油はね防止ネット、オイルスクリーンは相場では約1500円のところニトリでは349円

ニトリの美容家電

ニトリの美容家電は、現在約30種類を展開しコスパが良いと大人気です。

温冷美顔器

ホットアイラッシュカラー2

ノーズケア2

3wayバスブラシ

ニトリの3wayバスブラシは、大きいブラシ、小さいブラシ、ヘラが付いていて、使いやすいようにブラシが分解できる。

3wayバスブラシ1つで、タイルから溝や隙間、頑固な汚れなど様々なお掃除が可能に!

これでお値段399円! さすがお値段以上!

南部ほうき

世の中には、職人が徹底的にこだわるが故、お値段異常な掃除グッズがあります。

その1つが、岩手県高倉工芸の職人さんが1本1本手作業で作る南部ほうき。

番組内では、11万円のほうきが紹介されました。

なぜそんなに高いのか???

最大の特徴は、掃除機でも取りにくい小さなゴミをからめ取る掃除力!

その秘密は、ほうきの素材のホウキモロコシ。

高倉工芸さんでは、ホウキモロコシを自家栽培しており、田植えから収穫、乾燥、まで全てを手作業で行っています。

店を構える岩手県九戸村の涼しい気候に加え、オホーツク海から吹き込む冷たい風が、穂の成長の速度を遅め、強烈な縮れをもたらすことにより、どんな小さなゴミでもからめ取るほうきに。

なかでも、お値段異常な南部ほうきに使われるのは、わずかしか入手できない、縮れが最も強い物。

これを1本当たり約150本を熟練の職人さんが手作業で編む。

11万円と高額ながら、一生ものということもあり年間約20本売れているそうです。

折りたたみできる洗い桶

折りたたみできる洗い桶は、1つで洗い桶とまな板になる、1人暮らしの狭いキッチンでも大活躍の一石二鳥のキッチン用品です。

ニトリヘビーユーザー厳選!買わなきゃ損するお値段以上の4大商品

所ジャパンでは、ニトリヘビーユーザーに独自取材し、1万点以上ある商品の中から、買わなきゃ損するお値段以上の4大商品を調査しました。

ストレーナー付きマルチポット

ストレーナー付きマルチポットは、約26万個売り上げた人気商品がグレードアップした商品で、従来の沸かす、ゆでる、炒める、煮る、和えるの5役だったものが、フッ素加工を強化し、約200度まで対応できるようになり、揚げる、炊くが可能になりました。

1台7役で1990円!

引っ張りみじん切り器(ふた・泡立て付き)

引っ張りみじん切り器(ふた・泡立て付き)は、ハンドルを挽くだけで超簡単にみじん切りができる便利グッズ!

さらに、泡立てにパーツを交換するとメレンゲも簡単に作ることができます。

泡立てパーツで山芋もフワフワにできるようです。

これでお値段999円!

吸湿&脱臭エコドライヤー(2個入り)

吸湿&脱臭エコドライヤー(2個入り)は、活性炭と多孔質セラミックボールが内蔵されている為、フリーザーバッグが2時間ほどで脱臭もされ、乾いた状態に!

水筒などの脱臭、乾燥にも利用可能!

2個入りで、お値段599円!

衣類が乾きやすいハンガー

衣類が乾きやすいハンガーは、洗濯物の乾きにくさと生乾き臭を解消するハンガーで、その最大の特徴は、ハンガーの方の部分を回転させると、風が通る空間が生まれ、乾きやすくなるところ。

また、洋服に合わせてアームの部分が43.5cm~49cmと伸びるので、大きいサイズの洗濯物も乾きやすく、さらに、首の部分に切れ込みが入っている為、襟からハンガーを通しても伸びにくい工夫がされています。

これだけのアイデアが詰まって、お値段3本で407円。

輪島塗ハンガー

輪島塗ハンガーは職人さんが、こだわりにこだわってお値段異常になったハンガー!

輪島塗ハンガーは年間に50本以上売り上げており、そのお値段16万5000円!

輪島塗ハンガーは、中田工芸、千船堂の2つの企業が共同制作。

ベース作りを担うのは、国内唯一の木製ハンガー専門メーカー中田工芸。

一枚の板から削り出す一本もので、つなぎ目がなく美しい湾曲を生み出す高級感あふれるハンガー。

このハンガーに、創業80年の歴史を持つ千船堂が輪島塗で塗装するのですが、輪島塗には、下地、拭き上げ、上塗り、蒔絵、呂色という大きく分けて5つの工程があり、それぞれにその道を究めた職人さんがいます。

ちなみに下地だけでも職人さんの技術で、漆に珪藻土を混ぜたものを均等に塗っては乾かしを塗っては乾かしを繰り返し約1ヶ月の時間をかけています。

まさに、輪島塗ハンガーは、日本の技術力が結集された一生物の究極の逸品です。

まとめ

今回の記事では、2022年4月26日の『所JAPAN(所ジャパン)』で放送された、ニトリ買わなきゃ損のアイデア商品&買えば一生モノのおねだん異常な高額商品を大特集をまとめます。

所ジャパン関連記事

所ジャパン番組情報

所JAPAN公式HP