【ごはんジャパン】ローストビーフ丼の作り方 神谷シェフがフライパンで作るローストビーフ伝授!(8月22日)

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年8月22日の『ごはんジャパン』では、相州牛を使ったステーキ&ローストビーフの作り方が特集されました。

教えてくれたのは、『ラ・ブージェリー・デュ・ブッパ』オーナーシェフの神谷英生シェフです。

この記事では、番組で紹介されたフライパンひとつで15分でできるローストビーフの作り方を紹介します!

スポンサーリンク

ローストビーフ丼の作り方

【材料】

牛もも肉 300g

玉ねぎ 1個

<玉ねぎソース>

しょうゆ      40ml

酒         30ml

レモン果汁     5ml

はちみつ      20g

砂糖        10g

ニンニクすりおろし 20g

【作り方】

1.オリーブオイル40mlを強火で熱する

2.輪切りの玉ねぎ(2㎝幅)を2個入れ、フタをして約2分強火で焦がす

3.玉ねぎをひっくり返し、その上にもも肉を乗せてフタをして、弱火で約10分蒸し焼きする

<ポイント>もも肉は高温で調理すると硬くなりやすいので、低温でじんわり火を通す

4.肉を取り出し、アルミホイルで約5分包んで休ませる

5.肉汁が染み込んだ玉ねぎをみじん切りにする

6.玉ねぎを鍋に戻し、しょうゆ40ml・酒30ml・レモン果汁5ml・はちみつ20g・砂糖10g・ニンニクすりおろし20gを加えてひと煮立ちさせる

7.もも肉の表面に強火で焼き色を付ける

8.肉を薄く切り、皿に盛ったご飯のうえに隠れるくらい並べる

9.玉ねぎソースをたっぷりとかければ完成!

お好みでクレソンやニンニクチップを散らします。

ローストビーフ丼のお味は?

蒸して焼いたローストビーフはとても柔らかく、玉ねぎソースともよく合うとのこと。

家庭でも簡単にできる作り方なので、ぜひマネしてみたいと思いました。

しっとり柔らかくできたのは、玉ねぎの上でじっくり蒸したことで、肉の温度が60℃くらいに保たれたためだそうです。

同じ日に放送されたミディアムレアステーキの焼き方は、こちらでまとめています↓

【ごはんジャパン】サーロインステーキの焼き方 神谷シェフがミディアムレアにする作り方を伝授!(8月22日)

翌週紹介されたガスパチョの冷製パスタのレシピは、こちらからご覧いただけます↓

【ごはんジャパン】夏野菜の冷製パスタ(ガスパチョ)の作り方 日髙シェフのイタリアンレシピ(8月29日)

タイトルとURLをコピーしました