【ごはんジャパン】夏野菜の冷製パスタ(ガスパチョ)の作り方 日髙シェフのイタリアンレシピ(8月29日)

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年8月29日の『ごはんジャパン』では、東京・日野市で都市農業を営む東大卒女性を浅田舞さんが訪問。

とれたて夏野菜をもってイタリアンの巨匠・日髙良実シェフ(『アクアパッツァ』オーナーシェフ)を訪れ、夏らしいパスタを作ってもらいます。

この記事では、夏野菜の冷製パスタ(ガスパチョ)の作り方を紹介します!

スポンサーリンク

夏野菜の冷製パスタ(ガスパチョ)の作り方

【材料】

<ガスパチョ>

ミニトマト(大)     4個

きゅうり         25g

塩            適量

オリーブオイル      大さじ1

<パスタ>

フェデリーニ       30g

塩            お湯の1%

<トッピング材料>

ミニトマト        1個 

きゅうり         25g

水ナス          30g

オクラ          2本

塩            適量

赤ワインビネガー     小さじ2

オリーブオイル      小さじ1  

【作り方】

1.トマトのヘタを取り、丸ごとミキサーへ入れる

2.きゅうりは細かく切り、ミキサーへ入れる

3.塩・オリーブオイルを加えてミキサーでなめらかになるまでかける

4.3を簿オウルに移し、冷蔵庫で冷やす

5.お湯に対して1%の塩を入れて沸騰させ、麺(フェデリーニ)を表示時間より1~2分長めに茹でる

6.麺を氷水でさっと締める

7.麺の水気を切って手で少し揉み、キッチンペーパーで押さえて水気を切る

<ポイント>麺に水分が残っているとガスパチョの味が薄まるため、しっかり水気をとる

8.オクラ・きゅうり・トマトを薄くスライスして塩を振り、しんなりしたら赤ワインビネガー(レモン果汁や酢でも代用OK)・オリーブオイルを加えて和える

9・器に麺・冷やしたガスパチョ・野菜を盛れば完成!

まとめ

ガスパチョの冷製パスタの作り方をまとめました。

冷製パスタは酸味とオリーブオイルがいい味を出していて、野菜との相性も抜群だそうです。

人は冷たいものほど味覚を感じにくいため、冷製料理は味付けをしっかりすることが重要とのこと。

麺の水気をしっかり切ること、味付けをしっかりすることがポイントですね。

同じ日に放送された夏野菜のカポナータの作り方は、こちらでまとめています↓

【ごはんジャパン】カポナータ(イタリアン煮込み)の作り方 日髙シェフのイタリアンレシピ(8月29日)

タイトルとURLをコピーしました