【トリセツショー】血管の取説ショー 血管のばし 30秒血管ケアで老化&病気予防(2022年4月14日)

スポンサーリンク
君島十和子美しさの秘訣健康関連情報
スポンサーリンク

2022年4月14日の『あしたが変わるトリセツショー』で放送された 血管のトリセツ アンチエイジング(老化予防)や病のリスクを減らす30秒血管ケア「血管のばし」などをまとめます!

石原さとみさんがMCを務める「トリセツショー」第2回目の放送では、血管の取扱説明書(トリセツ)が特集されました。

脳の老化が遅く心筋梗塞になりにくい民族・チマネの人々の血管は、極めて柔らかいことが判明!

血管が柔らかいと、病を遠ざけるだけでなく肌を若々しく保てる可能性もある⁉︎

この記事では、血管の取説ショー&血管を柔らかくする簡単技「血管のばし」などを紹介します!

スポンサーリンク

血管のトリセツショー

血管の長さは地球の二周半もあると言われています。

そんな血管は若々しさと健康を保つカギとなります。

トリセツ⒈ 健康で若々しくいるための血管の秘密

脳の老化が70%遅く、心筋梗塞になりにくい!高血圧・高コレステロールもほぼなし!

そんな民族が南米ボリビアのアマゾンに暮らす、チマネという民族です。

同年代のアメリカ人と血管の硬さを比べたところ、血管が硬い人の割合がアメリカ人は51%だったのに対し、チマネの人々は8%という結果でした。

日本人も40代以降血管年齢が高くなる⁉︎

日本人も40代以降になると、血管が硬くなる人=血管年齢が高い人が多くなってきます。

血管が硬くなると血管が破れたりして、脳梗塞心筋梗塞など病気の原因になります。

[ゲストの血管年齢]
ドランクドラゴン塚地さん:61歳
ドランクドラゴン鈴木さん:72歳

血管年齢の若さ=見た目の若さ

血管年齢の若さは、見た目の若さにも繋がっています。

血管が硬いと老けて見えるというデータもあるそうです。

硬い欠陥は毛細血管を壊すため、栄養が行き届かなくなりシミ・皺が増えてしまします。

脳の毛細血管が壊れると、認知症にもなりやすくなります。

一度消えた毛細血管はほとんど復活しません。

若々しくいるためには、毛細血管をいかに減らさないかが重要です。

そのためにも太い血管を健康に柔らかく保つことが大切です。

血管を健康に柔らかく保つ!

血管の硬さの目安

最高血圧ー最低血圧=70以上だと血管が硬い、高リスク!

血管のトリセツ⒉血管を柔らかくする血管ケア

血圧が高いと血管を内側下から押されるため、血管がそれに耐えようと厚くなってきます。

血管を柔らかく保つためには、血管のばしというケアがおすすめです。

一酸化窒素を増やす方法

血管にも筋肉があるため、ストレッチを行うと血管を柔らかくすることができます。

ストレッチした後一酸化窒素が出て血流にのると、凝り固まった筋肉が緩んで血流が良くなります。

一酸化窒素を増やすには、ストレッチをして30秒休むことが大切です。

詳しい「血管のばし」やり方は、こちらでまとめました↓

【トリセツショー】血管のばし 30秒血管ケアのやり方 血管の取説ショー(2022年4月14日)

ストレッチしたら30秒休憩する!

まとめ

血管の取説をまとめました。

翌週放送された油の取説は、こちらでまとめています↓

【トリセツショー】油の取説ショー ちょい足しレシピ&アブラで美肌 心臓病 認知症予防(2022年4月21日)

5月に放送された集中力のトリセツです↓

【トリセツショー】集中力の取説ショー 脳をだます集中力UP技 掃除・勉強・仕事に実践! (2022年5月12日)

先日放送されたトマトのトリセツショーは、こちらでまとめています↓

あしたが変わるトリセツショー番組情報

あしたが変わるトリセツショー公式HP