【スッキリ】肩こり腰痛ストレッチ プロ実践セルフケアのやり方(2022年3月15日)

スポンサーリンク
ストレッチ健康関連情報
スポンサーリンク

2022年3月15日の『スッキリ!』で放送された プロ実践の肩こり&腰痛セルフケアのやり方を紹介します!

三茶しゃれなあど整骨院・鍼灸院の柔道整復師 若狭先生、築地たかしま治療院の柔道整復師 高島宏晃先生が、お家でできるセルフケア方法を伝授してくれました。

スポンサーリンク

肩こりセルフケア

僧帽筋(そうぼうきん)、広背筋(こうはきん)が凝り固まると、肩こりになりやすくなるそうです。

これらの筋肉を伸ばすストレッチを教えてくれました。

肩こりセルフケアのやり方(広背筋ストレッチ)

出典:日本テレビ

肩こりケアのやり方です。

⒈片手を上にあげる

⒉反対の手で手首をつかむ

⒊つかんだ手の方に体を横に倒す

⒋そのまま体を斜め前に傾ける
<ポイント>腰から背中にかけしっかり伸ばす

⒌1回10秒、左右3〜4回繰り返す

プラスα トッピングストレッチ

毎日やると効果的な首伸ばしです。

⒈手で頭を押さえる

⒉押さえた手の方に横に頭を倒す

⒊その状態で斜め前に倒す

⒋反対の腕を真下に下げる

⒌10秒キープ 片側3回ずつ、左右行う
<ポイント>勢いをつけず、ゆっくり行う
こちらのストレッチグッズもおすすめです↓

腰痛セルフケア

楽ゆる整体の整体師 永井先生が座りすぎ腰痛改善ストレッチを教えてくれました。

腰痛改善ストレッチ

座りっぱなしでいるとお尻周りが潰れて固まり、血流悪化になり、もも・腰・背中・首が固まりやすくなります。

潰れたお尻周りをほぐすセルフケアを教えてくれました。

⒈脚を4の字に組む

⒉手を膝とくるぶしに置く

⒊その状態で体を前に倒す
<ポイント>顔を上げたまま背中を反らす

⒋7秒間息を吐きながら行う

ふくらはぎぐりぐりストレッチ

体の血流を改善するストレッチです。

ふくらはぎは第二の心臓と言われていて、ほぐすことで血流改善、腰痛改善につながります。

⒈イスに座り膝の上に反対のふくらはぎをのせる

⒉上下左右、円を描くように動かす(手を膝に添えるとやりやすい)

⒊左右1分ずつ1日数回行う
<ポイント>ふくらはぎの内側・真ん中・外側に分けて行う

まとめ

自宅でできる肩こり、腰痛セルフケアのやり方を紹介しました。

ストレッチ、健康関連記事は、こちらもおすすめです↓