【主治医が見つかる診療所】呼吸筋を柔らかくする簡単アンチエイジングヨガのやり方(5月28日)(肺を若返らせて代謝&免疫力アップ!4大メソッド)

スポンサーリンク
健康関連情報
スポンサーリンク

2020年5月28日の『主治医が見つかる診療所』では、『肺を若返らせて代謝&免疫力アップ!4大メソッド』が放送されました。

呼吸筋を柔らかくすれば肺年齢も若返る⁉

山口県宇部市のかわむらクリニック院長・川村明先生に、呼吸が深くなり代謝もアップするアンチエイジングヨガを教えてもらいます。

この記事では、呼吸筋を柔らかくする簡単ヨガのやり方をまとめます!

スポンサーリンク

肺を若返らせる簡単アンチエイジングヨガ『123体操』のやり方

1.脚を肩幅よりも少し広くして、つま先の角度は外に45度に立つ

2.大きく胸を張って背筋を伸ばし、ゆっくり息を吸う

3.ゆっくり息を吐きながら尾てい骨を両脚のカカトの間に下ろす

4.できるところまで腰を下ろしたら、両手で太ももを3回たたく

5.ゆっくり息を吸いながら立ち上がる

6.最後にお尻を3回たたく

1日に2~3セットでOKです。

太ももやお尻をたたくとアドレナリンの分泌を促し、代謝や血流がアップするそうです。

ダイエット効果も期待できます。

肺を若返らせる簡単アンチエイジングヨガ『胸張りのポーズ』のやり方

1.イスに浅く腰掛け、お腹に力を入れて背筋を伸ばす

2.両手を首の後ろに軽く当てる(手は組まない)

3.大きく息を吐きながら背中を丸める

4.5秒キープする

5.大きく息を吸いながら上体を起こし、天井を見上げる

<ポイント>胸を張り肩甲骨を寄せることを意識する

6.このまま5秒キープ

1日3回程度行いましょう。

簡単ヨガで肺を元気に!

簡単ヨガなら、おうち時間に実践しやすいですね。

このほかにも今からできるカンタン免疫力UP法として、主治医の皆さんが次のようなことをお勧めしていました。

●免疫をつかさどる腸内環境をよくするために、お腹を冷やさないようにする

●口の中の免疫状態を高く保つ(水分をこまめに少量ずつとる、寝室の加湿をする)

今回紹介された肺を若返らせる4メソッドを最初からご覧になりたい方は、こちらからお願いします↓

【主治医が見つかる診療所】『鼻歌健康法』のやり方(5月28日)(肺を若返らせて代謝&免疫力アップ!4大メソッド)

タイトルとURLをコピーしました