【主治医が見つかる診療所】海女さんの「磯笛」に学ぶ『口すぼめ呼吸法』&『シャボン玉トレーニング』(5月28日)(肺を若返らせて代謝&免疫力アップ!4大メソッド)

スポンサーリンク
健康関連情報
スポンサーリンク

2020年5月28日の『主治医が見つかる診療所』では、『肺を若返らせて代謝&免疫力アップ!4大メソッド』が放送されました。

日ごろから水中で肺に負荷をかけている海女(あま)さんは、肺年齢が若い人が多いそうです。

そんな海女さんが実践する息を吐くときの『磯笛』とは?

この記事は海女さんに学ぶ呼吸法と、シャボン玉トレーニングについてまとめます!

スポンサーリンク

海女さんは肺年齢が若い!

番組では千葉県南房総市の海女さんの肺年齢を調査!

平均年齢75歳ですが、全員肺年齢が実年齢より若いという結果に。

中には肺年齢ー20歳という方もいました。

なぜ海女さんの肺年齢が若いかというと、水の中で自然と肺を動かす呼吸筋が鍛えられているからです。

海女さんは息を吐くとき、『磯笛』と呼ばれる伝統的な呼吸法で呼吸していました。

磯笛をすると、自然と呼吸が楽になると言います。

海女さんに学ぶ『口すぼめ呼吸法』+『腹式呼吸』のやり方

海女さんの独自の呼吸法「磯笛」は、口すぼめ呼吸法に似ているそうです。

【口すぼめ呼吸法のやり方】

1.2秒かけ鼻から息を吸う

2.6秒かけ口から息を細く長く吐く

1セット10回ぐらいおこなうと良いそうです。

口をすぼめることで吐く息に圧力がかかり、空気の通り道である気道が広がるため呼吸が楽に!

石原先生によると、口すぼめ呼吸+腹式呼吸がおすすめとのこと。

【口すぼめ呼吸+腹式呼吸のやり方】

1.お腹に空気が貯まるようにイメージして鼻から息を吸い、お腹を膨らます

2.口をすぼめながら息を吐く

※お腹に溜まった空気を出すようにイメージしながらお腹を引っ込める

1日5回程度行うと、呼吸筋が鍛えられるそうです。

肺を若返らせる呼吸筋トレーニング

鼻から息を吸って口からゆっくり息を吐く『シャボン玉トレーニング』は、肺を若返らせる呼吸筋を鍛えるのにおすすめだそうです。

【シャボン玉トレーニングのやり方】

ストローの先端を放射線状にカットし、シャボン玉液をつけて行います。

鼻で息を吸い口から細く長くゆっくり息を吐いて、シャボン玉をできるだけ大きく膨らませます。

1.吸うより吐く事が大切
2.吐くときは時間ゆっくりをかけて
3.適度な負荷をかけながら行う

海女さんの呼吸法で肺を若返らせる!

海女さんの呼吸法を真似すれば、肺年齢が若返る可能性大ですね!

ぜひ実践したいと思います。

次のページでは、巻き方を改善するタオル体操についてまとめます!

【主治医が見つかる診療所】浅い呼吸の原因『巻き肩』改善タオル体操のやり方(5月28日)(肺を若返らせて代謝&免疫力アップ!4大メソッド)

タイトルとURLをコピーしました