【林修の今でしょ講座】日清キャノーラ油が油っこくない秘密 油講座SP(2月9日)

スポンサーリンク
エンタメ情報
スポンサーリンク

2021年2月9日の『林修の今でしょ!講座』では、油講座SPが放送されました。

家庭でもお馴染みの日清キャノーラ油。

この記事では、日清キャノーラ油の秘密について紹介します!

スポンサーリンク

キャノーラ油とサラダ油の違いは?

サラダ油は菜種や大豆などを精製したものですが、菜種油の苦味成分をカナダが品種改良して作ったのがキャノーラ油です。

日清キャノーラ油は油っこくない?

累計17億本売れている日清キャノーラ油は、品質改善により油っこくない油作りに成功した商品です。

活性炭フィルターを使うことで加熱しても嫌なにおいが少なく、素材の味を引き出す油になっているそうです。

活性炭フィルターを通すとサラッとした油に仕上がるんだとか。

油っこくない油を追求してできた商品なのです。

サラサラして油っこくないので、どんな料理にも活用しやすいのが特徴です。

油の消費期限は?

油は封を開けなければ缶入りで2年、瓶入りで1年くらい使用できます。

揚げ物に使う場合は1回しか使わないのが良いそうです。

間違った使い方をすると、体からなかなか排出できないので注意が必要です。

まとめ

日清キャノーラ油の秘密についてまとめました。

今回紹介された油の健康パワーは、こちらからご覧いただけます↓

【林修の今でしょ講座】アボカドキムチの作り方(ごま油アレンジレシピ)&ごま油(かどや)の健康パワー 油講座SP(2月9日)