【ごはんジャパン】ホットプレートで作るふわふわお好み焼きの作り方(『お好み焼き さんて寛』のレシピ 6月13日)

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年6月13日の『ごはんジャパン』では、匠が伝授!ホットプレートで作れるふわふわのお好み焼きの作り方が放送されました。

教えてくれたのは、東京で大阪の名店『きじ』の味を再現した『お好み焼き さんて寛』の戸田亘シェフです。

この記事では、ホットプレートで作るふわふわお好み焼きの作り方をまとめます!

スポンサーリンク

ホットプレートで作るふわふわお好み焼きの作り方

お好み焼きに使うキャベツは、シャキシャキ感があって甘みが強いものがおすすめとのこと。

以前戸田シェフが訪れた嬬恋キャベツは、理想的な食材のようです。

【材料(5人分)】

小麦粉           250g

だし            250ml

キャベツ(半玉)      500g

卵               5個

山芋              30g

大葉              5枚

豚バラ           250g

紅ショウガ・天かす・ネギ  適量

【作り方】

1.キャベツは横半分(上部葉っぱ側と芯の側で分ける)に切る

2.やわらかい上半分は細長く刻んで食感を活かす

3.下半分は細かく刻んで甘味を活かす

4.小麦粉を泡だて器でかき混ぜ、サラサラにする

<ポイント>だしを入れたときダマになりにくい!

5.小麦粉に出汁を入れて混ぜる

<ポイント>余った野菜(キャベツの芯・玉ねぎの皮など)・鶏もも肉・昆布・かつお節などを使い40分程煮込んで出汁をとる!

<ポイント>2回に分けて出汁を混ぜるとダマにならない!

6.山芋と卵を加え、混ぜ合わせる

7.生地とキャベツは1:1の分量で混ぜる(空気を入れるように縦に混ぜると仕上がりもふっくらする)

<ポイント>小麦粉とキャベツを1:1の同じ分量にするのがポイント!

<ポイント>水分が出るため一度に混ぜず、生地とキャベツは焼く分だけ直前に混ぜる

8.外側を分厚く真ん中を薄くして、生地をホットプレートに入れる

9.生地の上に大葉をのせ、生の豚バラをのせる

10.油をひかず片面を2分(250℃)焼く

11.ヘラを両サイドから入れ、裏返して裏面も2分焼く

<ポイント>ふんわり感がなくなるので、ヘラで押すのはNG!何度もひっくり返すのもNG!

12.10か所ほどヘラの端で生地に穴をあけ、もう一度ひっくり返して、豚バラの油を裏面にしみ込ませる

<ポイント>穴をあけることでうま味の詰まった脂を吸わせる(1~2分)

14.豚バラがのった側にマヨネーズ60g、ウスターソース20gを混ぜ合わせた特製マヨネーズを塗る

15.甘口のとんかつソースまたはお好み焼きソースをかける

16.かつお節・青のりを振りかければ完成!

お好みで紅ショウガや天かす、ネギを振っていただきます。

まとめ

名店が教えるふわふわお好み焼きの作り方を紹介しました。

同じ日に放送された海鮮焼きそばのレシピは、こちらでまとめます↓

【ごはんジャパン】ホットプレートで作る海鮮焼きそばの作り方(『お好み焼き さんて寛』のレシピ 6月13日)

洋風お好み焼き・タコ焼き風パンケーキの作り方は、こちらでまとめています↓

【ごはんジャパン】ホットプレートで作るタコ焼き風パンケーキの作り方(『ラ・ロシェル』のレシピ 6月13日)

タイトルとURLをコピーしました