【土曜は何する】美肌術 美しい肌の作り方 日焼け止め・スキンケア・就寝時間 皮膚科専門医小林智子先生が伝授!(2022年5月14日)

スポンサーリンク
君島十和子美しさの秘訣美容関連情報
スポンサーリンク

2022年5月14日の『土曜はナニする!?』予約が取れない10分ティーチャーで放送された、皮膚科専門医 小林智子先生「現役皮膚科医が実践する美しい肌の作り方」を紹介します!

今回の土曜は何する予約が取れない10分ティーチャーでは、皮膚科専門医の小林智子先生が「現役皮膚科医が実践する美しい肌の作り方」を伝授!してくれました。

この記事では、皮膚科専門医小林智子先生が伝授!「現役皮膚科医が実践する美しい肌の作り方・美肌術」をまとめます。

スポンサーリンク

現役皮膚科医が実践する美肌術

美容 美肌

これまで1万人の患者を診てきた小林智子先生が、紫外線対策や日焼け止めの塗り方など、美肌術を教えてくれました。

マスクの下にも日焼け止めを!

紫外線はマスクも通ってしまうため、マスクの下にも日焼け止めは必須です。

正しい日焼け止めの塗り方

しみ、しわ、たるみの原因の8割は日焼けからくるそうです。

Q.顔に塗る日焼け止めの量は?

A.1円玉 B.500円玉大

 

正解:B.500円玉大

15分程度おいて半量ずつ2度塗りすれば、白浮きしにくい!

目の紫外線対策はサングラスで!

紫外線は目を通して脳を刺激することで、シミ・そばかすを作ることがあります。

日焼けした時の疲労感こそが、紫外線の影響です。

サングラスで目の紫外線対策も!

洗顔で肌をこするのは絶対NG

洗顔で肌をこするのは絶対NGです。

「泡で押す」のが正しい洗顔です。

泡をクッションにして、指が肌に直接触れないように洗顔する!
肌を擦らないことでお肌の保湿成分を残せる!

化粧水の付け方

化粧水はぱんぱん叩きながら塗るのはNGです。

肌をこすることになり、老化の原因に。

たたかず1秒タッチを繰り返す!

フェイスパックの適正時間

Q.フェイスパックの適正時間は?

A約15分 B.約30分

 

正解:A.約15分

フェイスパックは15分以内が適正時間
入浴も保湿成分入りの入浴剤を使って10分程度がおすすめ

お肌に良い就寝時間

お肌に良い睡眠時間は決まっていませんが、寝ついてから3時間以内に深い睡眠をとることが重要です。

朝日の光を浴びることで快眠ホルモンが分泌されやすくなる!

ビタミンCよりも血糖値

炭水化物や糖質が多い食品を多く取ると上昇する血糖値は、お肌の大敵です。

血糖値が急激に上昇すると、しみ、しわ、たるみが加速します。

酢の物を食事の最初に食べると血糖値上昇を防ぐ!

美肌につながる卵の食べ方は?

Q.美肌につながる卵の食べ方は?

A.目玉焼き B.ゆで卵

 

正解:B.ゆで卵

焼き目にはお肌を老化させる物質が含まれるため、美肌のためにはゆで卵がおすすめ!
唐揚げよりもサラダチキン、焼き餃子よりも水餃子が◎

揚げ物にはレモン

レモンのクエン酸は老化物質を蓄積させない効果が期待でき、揚げ物などを食べるときに一緒にいただくのがおすすめだそうです。

まとめ

今回の記事では、2022年5月14日の『土曜はナニする!?』予約が取れない10分ティーチャーで放送された、皮膚科専門医 小林智子先生「現役皮膚科医が実践する美しい肌の作り方」をまとめました。

美肌といえば、昨日こちらの番組でもハンドケアなどのスキンケア術が紹介されていました↓

美肌関連記事

今回の土曜は何する記事一覧

土曜は何する関連記事

土曜は何する番組情報

土曜はナニする⁉︎公式HP

コメント