【コストコおすすめ商品】かねふく 辛子明太ばらこは超便利な冷凍食品!気になるお味は?&明太子を使ったレシピまとめ

グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

コストコの冷凍コーナーにある『かねふく 辛子明太ばらこ』をご存知ですか?

明太子好きの筆者が冷凍庫に常備している保存食で、コストコで何度もリピ買いしているおすすめ商品です。

そのまま食べても、料理の調味料として使っても美味しいので、重宝しています。

長期保存可能で食べたい時にすぐ使えるので、こちらの明太ばらこを買ってからは、我が家でたびたび明太子メニューが登場するようになりました。

この記事ではかねふくの辛子明太ばらこを食べた感想や、簡単に作れる明太子レシピについて紹介します!

スポンサーリンク

【かねふく 辛子明太ばらこ】の商品情報

名称:無着色辛子明太子ばらこ
原材料名:すけとうだらの卵(米国又はロシア)、食塩、醸造調味料、水あめ、唐辛子、果糖ぶどう糖液糖、でんぷん、かつおエキス、昆布だし/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類)、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)、酵素、(一部に小麦・大豆・ゼラチンを含む)
内容量:30g×20
賞味期限:購入から7~8か月
保存方法:-10℃以下
製造者:株式会社かねふく
価格:1,498円(2019年11月現在)

製造しているのは、全国的にも有名な明太子の老舗・かねふく氷川きよしさんのCMでお馴染みのメーカーですね。

数ある明太子専門店の中でも名が知られているメーカーなので、安心感があります。

中味をチェックしてみるとキレイなピンク色ですが『無着色』と書かれており、着色料等が使用されていないのも嬉しい!

1袋にスティック状の個包装30gが20袋入って1,498円なので、1袋当たり約75円ということになります。

明太子専門店で明太子を買うとだいたいどこでも100g1,000円前後するので、加工品とはいえかなり安いのではないでしょうか。

ちなみに今回は期間限定価格で、300円オフの1,198円で購入できました。不定期でこの価格になるので、安くなるタイミングでよく購入しています。

こちらの辛子明太子の良いところは、賞味期限がかなり長いという点です。

スーパーで数百円で販売されている明太子の切子もありますが、賞味期限が数日と短く、すぐに消費しなければならないのが難点。

かねふくの辛子明太なら、冷凍庫に常備できて必要な時に適量をすぐ使えるのでかなり便利です。

辛子明太子の中身は?味は美味しい?

辛子明太子のばらこは、こんな感じでスティック状に包装されています。

冷凍庫から取り出したばかりだとさすがにカチカチですが、冷凍庫から取り出して5分~10分置いておけば自然解凍されます。

「今すぐ使いたい!」という時には、流水で解凍すればあっという間にやわらかくなるので、料理にも使いやすいです。

中身を出してみると、皮付きの明太子とは違ってすこしトロっとしていてソースのようです。

粒はしっかり残っていますが、残念ながら通常の明太子のようなプチプチ感はあまり感じられません。

それでもピリッと辛い味付けで、ご飯に合います。

そのまま食べるのも美味しいですが、味が濃い目なので料理の調味料として使うのに向いているかもしれません。

おすすめは同量よりもやや多めのマヨネーズをプラスして、明太マヨにする食べ方です。

市販の明太マヨネーズはマヨの味が強すぎて、期待するよりも明太子の味が薄かったりしますが、自分で作ってしまえば好みの味に調整できます。

混ぜるだけで完成するソースですが、これが色んな料理に使えます。

まずは野菜スティックのディップとして↓

ピリ辛の明太マヨで、野菜をペロリと食べられてしまいます。お酒のつまみにも最適!

またパッケージにも載っていましたが、パンに塗っても美味しいです。私はフランスパンにバターと明太マヨを塗って、明太フランスにするのが好きです。

マヨネーズの量を増やせば、パッケージに乗っていた『めんたいポテトサラダ』にもなりますね。

また我が家でよく作るメニューは、油揚げの明太マヨ焼きです。

油揚げはグリルやトースターで焼くとパリッとした食感になり、ピザ生地のように使うことができます。

これに明太マヨを塗って、さらに5分ほど焼けば出来上がりです。こちらも簡単なのに、お酒に合うおつまみになります。

このほかにも大根やブロッコリーなどの野菜と和えたり、おにぎりの具にしたり、色んな料理に活用できますね。

辛子明太の味が濃いから、料理のアクセントにピッタリです。

かねふく 辛子明太ばらこを活用したアレンジレシピ

辛子明太子を料理に使う場合、薄皮を取り除いてほぐすという作業が必要で、意外と面倒だったりしませんか?

かねふくの辛子明太ばらこならそんな手間がいらないので、料理に使うのにとっても便利♪

なので冷凍庫にストックがある時は、ついつい明太子を使ったメニューを作ってしまいます。

ここでは、我が家でも好評な明太子を活用したアレンジレシピをいくつか紹介します!

定番の明太子パスタ

【材料(1人分)】

かねふく辛子明太ばらこ 1袋
パスタ 100g
エリンギ(他のキノコでも可) 1/2パック
水 適量
マヨネーズ 大さじ1
白だし 大さじ1
バター 10g
万能ねぎ 適量
きざみのり 適量

【作り方】

1.パスタ・手でさいたエリンギを茹でる(パスタ用の電子レンジ容器があれば便利)

2.1を茹でている間に、ボールに辛子明太子ばらこ(少しだけ最後に乗せる明太子を残しておく)・マヨネーズ・白だし・バターを入れ、混ぜておく

3.パスタが茹で上がったら、2のボールに入れてよく混ぜ合わせる

4.最後に万能ねぎ・きざみのり・残りの明太子を乗せれば完成

こちらはひとりランチでよくお世話になっているレシピです。フライパンやまな板を使う必要がなく、超簡単なのにおいしいのでお気に入りです。

ふわふわな明太とろろ焼き

【材料(2人分)】

かねふく辛子明太ばらこ 1袋
長芋 250g
長ネギ 10㎝くらい
卵 1個
白だし 大さじ1/2
お好きな油(家ではオリーブオイルを使います)
かつお節 1袋
マヨネーズ 適量

【作り方】

1.長ネギを小口切りして、長芋は皮をむいてすりおろしておく

2.ボールに1、辛子明太子ばらこ、卵、白だしを入れてよく混ぜ合わせる

3.小さめのフライパンに油を引いて2を流し入れ、フタをして中火で5分ほど蒸し焼きにする

4.裏返して反対側もこんがり焼けたら器に移し、マヨネーズとかつお節をかければ完成

辛子明太子の味がしっかりしているから、ソースなしでおいしくいただけます。小麦粉などを入れていないのでヘルシーで、糖質制限ダイエットにおすすめです。

『つるとんたん』のような明太あんかけうどん

【材料】

かねふく辛子明太ばらこ 2袋
うどん 2玉
卵 2個
水 300㏄
めんつゆ(2倍濃縮) 80㏄
酒 大さじ3
砂糖 小さじ2
片栗粉 大さじ1
万能ねぎ 適量

【作り方】

1.うどんを茹で始める

1.鍋に水・めんつゆ・辛子明太ばらこ1袋・酒・砂糖・片栗粉を入れて中火にかけ、泡だて器でゆっくりかき混ぜながら沸騰させていく

2.煮立ったら弱火にして、溶きほぐした卵をちょっとずつ流し入れ、少し間を置いて1周軽くかき混ぜる

3.茹で上がったうどんをそれぞれ器に盛り、2をかけて辛子明太子ばらこ1/2ずつ、万能ねぎをトッピングして完成

冬になると食べたくなる温かいメニュー。うどんを食べ終わったら、ご飯を追加してもおいしいです。

辛子明太子を常備しておけば安心

かねふく 辛子明太ばらこの味や、簡単レシピを紹介しました。

冷凍庫にストックしておくと、いろんな料理に使えてレパートリーが広がりますね。

夕食のメニューに困った時も、辛子明太子さえ常備しておけば安心です。

まだ試していない方は、一度この便利さを体感してみてはいかがでしょう。

タイトルとURLをコピーしました