【世界一受けたい授業】ももクロゲッタマン体操(画像付き)のやり方 内臓の働きを活発にするダイエットにフワちゃんが挑戦!(8月8日)

スポンサーリンク
美容関連情報
スポンサーリンク

2020年8月8日の『世界一受けたい授業』では、内臓の働きを活発にしてダイエットできる『ももクロゲッタマン体操』が特集されました。

ダイエットに重要なのは内臓の働きだった!

フワちゃんが2週間のダイエットに挑戦した結果は?

この記事では、ももクロゲッタマン体操のやり方とフワちゃんのダイエット結果をまとめます!

スポンサーリンク

基礎代謝の約4割は内臓が占めていた!

痩せるためには筋肉をつけないと…と思いがちですが、実は臓器・組織の基礎代謝量の中江、最もカロリーを消費しているのは内臓でした。

肝臓・心臓・腎臓などを合わせると、全体の基礎代謝の約4割も占めています。

筋肉をつけることよりも、内臓(内臓力)を活性化させることの方がダイエットに効果的なことが分かりますね。

現代人の内臓は疲れている⁉

数十年前の日本では、固い食材が多く1回に1400回程噛んで食事をしていました。

ところが現代では柔らかい食品が増えており、噛む回数が600回程度まで減少。

よく噛んで食べると消化酵素のアミラーゼが分泌され、胃の中で消化吸収されやすくなります。

またよく噛むことで満腹中枢が働き、食べ過ぎることはありません。

噛む回数が少ない=胃に負担がかかる

そのため内臓が疲れている人が多く、食べ過ぎてしまう人も多いのです。

ももクロゲッタマン体操は、内臓を支える筋肉を鍛えることで、内臓の働きが良くなり代謝も良くなるという体操です。

1.骨盤エクササイズのやり方(ももクロゲッタマン体操)

1.左足を前に出しももをクロスさせて立ち、手の甲を合わせて前に伸ばし、お腹を引っ込める

<ポイント>お腹を引っ込めて腹横筋を刺激することで、内臓が正常な位置に整う!

2.息を吐きながら手のひらを上に向けてヒジを引き、イスに座るようにスクワットする

<ポイント>脇はできるだけしめ、お腹をひっこめたまま、ももをくっつけて行う

3.息を吸いながら、基本の姿勢に戻る

5回やったら脚を組み替え、もう片方も同じように行います。

5回+5回、1日1セット行いましょう。

2.背中まっすぐエクササイズ(ももクロゲッタマン体操)

猫背・肩こり・首こりを矯正してくれる運動です。

1.右足を前にももをクロスさせて立ち、左手の親指を右足の付け根に、右手の親指を左足の付け根に腕をクロスさせてつける

2.両腕を伸ばしたまま頭の上まで上げたら、息を吐きながら手のひらを返してできるだけ後ろを通ってゆっくり下げる(肩甲骨を寄せて3秒キープ)

3.息を吸いながら来た軌道を通り、腕を元の位置まで戻す

4.5回行ったら手と足を組み替え、同じように5回行う

<ポイント>肩甲骨を寄せるように腕を動かす

5回+5回、1日1セット行います。

3.体幹エクササイズ(ももクロゲッタマン体操)

1.左足を一歩前に大きく出して曲げ、左手をももの上にのせ、右手は下に伸ばして手のひらを外側にむける。おへそは立てて前に向け、お腹に力を入れる。(基本姿勢)

2.伸ばした右手を頭上まで上げ、そのまま後ろを通って手首を返し、基本姿勢に戻る

<ポイント>横のラインをキレイに伸ばすように心がける

<ポイント>肘を曲げずに回す

3.5回行ったら反対側も同じように行う

5回+5回、1日1セット行います。

3つの体操を行うことで姿勢が良くなり、代謝も上がってダイエットに効果的です。

フワちゃんがダイエットに挑戦!その結果は?

高校生の時は46㎏だったフワちゃんですが、今では10㎏以上も太ってしまったそうです。

ももクロゲッタマン体操に挑戦する前のフワちゃんの体型は身長161㎝で、

体重 58.8㎏

ウエスト 85.6㎝

でした。

2週間挑戦した結果・・・

体重 56.4㎏(-2.4㎏)

ウエスト 77.0㎝(ー8.6㎝)

かなり細くなりました!

まとめ

20代、30代女性にも試してもらったところ(食事制限なし)、ウエストはー5㎝以上細くなったそうです。

効果には個人差がありますが、内臓の働きを活発にすることでダイエット効果が期待できます。

ぜひ実践してみたいですね!

ダイエットといえば、先日別番組でおしり筋を鍛えるダイエットが特集されていました↓

【林修の今でしょ講座】おしり筋伸ばしのやり方 富永美樹さんが2週間ダイエットに挑戦!(7月28日)

こちらも1日数分でできるので、よろしければあわせてご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました