【ヒルナンデス】ブルゾン&滝アナの世界一周旅行!2ヵ国目ドイツ・ベルリンの観光&グルメスポットまとめ

スポンサーリンク
旅行関連情報
スポンサーリンク

2019年10月2日の日本テレビ『ヒルナンデス!』では、昨日に引き続きブルゾンちえみ&滝菜月アナのLCCで行く世界一周女子旅2ヵ国目が放送されました。

深夜にシンガポールを出発し、約13時間のフライトで2ヵ国目のドイツ・ベルリンへ。

約23時間の滞在時間で巡った観光スポットを、インスタ情報と併せて紹介します!

スポンサーリンク

ベンツのお出迎えで宿泊ホテルへ

今回参加したのは、HISが主催する地球一周5都市9日間のツアーです。

ツアー代金には飛行機宿泊費が含まれており、空港ではお出迎えしてくれてホテルまで送ってくれます。さすがドイツ、今回はベンツのバスでお出迎えでした。

車で走ること15分、宿泊先のアンバー エコンテル ベルリン シャルロッテンブルク(Ecotel Hotel Berlin harlottenburg)に到着です。

主要観光スポットからも近く、通常ならツインで1泊約1万4000円というホテルですが、旅行会社が年間部屋を押さえているので、今回の格安旅行で利用できるんだそう。

ベルリンの老舗パン屋で朝食

ドイツは1年間のパン消費量が1人87㎏というパン大国で、パンの種類も3,000以上あると言われています。

2人は滝アナが通うパン教室の先生おすすめのパン屋へ向かいます。

ジィーベルト(Siebert)はベルリンで最も古いパン屋で、パンコンテストで数々の賞を受賞してきた老舗店です。

早朝は地元の人で長蛇の列ができるそうです。

2人は6種類のパンを購入しました。

滝アナが選んだプファンクーヘン(約130円)はドイツでは大晦日に食べる習慣のある甘い揚げパンで、中にはお店特製の西洋すももジャムが入っています。常に揚げたてを食べられるのも、嬉しいですね。

ブルゾンさんが選んだロッゲンフォルコーンブロート(約430円)は、ライ麦の全粒粉を使用した夕食用のパンで、チーズと食べることが多いそう。酸味が強く、ぎっしりと詰まった生地が特徴です。

こちらのお店では、日本人パン職人の宮澤さんが働いていました。

宮澤さんのおすすめはドイツ人が毎朝食べる定番のパン、シュリッペン(約35円)です。

滝アナ曰く「フランスパンをもっと軽くしたようなパン」だそうです。

セグウェイでベルリン観光

時間のない2人は、セグウェイに乗ってベルリン観光を楽しむことに。

Robot Cityのセグウェイツアーは1時間約4,000円で参加できます。

簡単なレクチャーを受けたら、ガイドさんについて観光スタートです。

ドイツではセグウェイで公道も走れるので、日本では体験できない街巡りが楽しめます。

途中ベルリン大聖堂ブランデンブルク門など、ベルリンの人気観光スポットを眺めながら進みます。

かつてのベルリンの壁の跡に沿って進むと、見えてきたのはベーベル広場

ここにはナチスが起こした事件を忘れないため、地面の下に空の状態の本棚のモニュメントが。

ナチスドイツの時代、言論統制で2万冊以上の本が燃やされたことから、同じ過ちを繰り返さないという祈りが込められているそうです。

映画の巨大テーマパーク

セグウェイツアーを終えた2人はそれぞれ別のスポットへ向かいます。

ブルゾンさんが訪れたのは、ベルリンから1時間の場所にあるフィルムパーク・バーベルスベルク(Filmpark Babelsberg)です。

映画セットの見学や、最新の合成技術・特殊メイク体験などができる人気スポットです。

本物のスタントマンが行うスタントショーは、迫力満点!

ブルゾンさん、35億ポーズでイケメンスタントマンと2ショット写真を撮っていました。

4000mからのスカイダイビング

【挑戦】ヒルナンデス!絶叫系苦手の滝アナ、初めてのスカイダイビング!

滝アナはベルリン郊外へ向かい、4000mからのスカイダイビングに挑戦!

料金は日本よりも割安で、イケメンインストラクターが優しくサポートしてくれます。

滝アナが利用したのはTAKE OFF Fallschirmsportという会社のようです。

調べてみると4000mのダイブは209ユーロだったので、日本円だと約2万4~5000円ですね。意外にリーズナブルなのかもしれません。

ステンドグラスがキレイすぎる教会

再び合流した2人は、南原さんおすすめのカイザー・ヴィルヘルム記念教会へ。

100年以上の歴史を持つ教会ですが、お隣にできた新しい教会内部は2万枚以上のステンドグラスで彩られていて、フォトジェニックな空間を楽しむことができます。

ベルリンで話題の格安グルメ

お腹がすいてきた2人は、ドイツで1番美味しいと評判のケバブ店Mustafa’s Gemüse Kebapへ。

1時間待ちは当たり前というほど人気のケバブは、約380円と安いのも魅力。

時間のない2人は、泣く泣く断念しました。

そこで訪れたのがベルリン名物カリーヴルストの人気店、CURRY36です。

ドイツらしい大きなソーセージをひと口大にカットし、カレーパウダーとトマトソースをたっぷりかけたB級グルメです。

お値段約140円と格安なのも嬉しい!

中世と現代が混在する街・ベルリン

B級グルメを堪能した2人は、正装に着替えて空港へ。次はラグビー発祥の国・イギリスのロンドンです。

中世と現代の建物が共存しているベルリンは、観光もグルメも満喫できて居心地の良さそうな街でした。

2人が訪れたスポットは、ドイツ旅行の参考にできそうですね!

1ヵ国目を見逃した方はこちら

【ヒルナンデス】ブルゾン&滝アナの世界一周旅行!1ヵ国目シンガポール観光・グルメ・ショッピングスポットおさらい

3ヵ国目の詳細はこちら

【ヒルナンデス】ブルゾン&滝アナの世界一周旅行!ベルリン~3ヵ国目ロンドンの観光&グルメまとめ

タイトルとURLをコピーしました