【林修の今でしょ講座】国産大きなひきわり納豆の骨・脳にいい健康効果(1月12日)

スポンサーリンク
健康関連情報
スポンサーリンク

2021年1月12日の『林修の今でしょ!講座』では、納豆の健康効果を医学と科学で解明!

この記事では、あづま食品の国産大きなひきわりの骨・脳にいい健康効果をまとめます!

スポンサーリンク

大きなひきわりの骨・脳にいい栄養素とは?

粒納豆に比べてひきわり納豆は断面積が多いため、納豆菌が多いそうです。

さらに次の栄養素は粒納豆よりも多いことが分かっています。

●骨を強化するビタミンK(カルシウムの吸収を助ける働き)⇒粒納豆の約1.6倍

●強い抗酸化作用のあるスペルミジン⇒粒納豆の約1.4倍

スペルミジンは細胞を若々しく保ち、老化を予防する作用が期待できます。

テキサスA&M大学で行われた研究では、スペルミジンを投与したマウスの寿命が約25%伸びたそうです。

スペルミジンは脳を活性化し、脳機能の低下抑制に期待できることも分かっています。

抗酸化力が高く、脳の新陳代謝を高める効果も期待できます。

食べ応えがないひきわりの弱点を克服!

出典:テレビ朝日

大きなひきわりには通常の2倍の大きさの大豆を使用しています。

また大豆を4分割にする最新マシンを使用しており、一般的なひきわり納豆に比べて1つ1つの粒が大きいのが特徴です。

「食べ応えがない」と言われがちなひきわり納豆の弱点を克服した納豆なのです。

まとめ

国産大きなひきわりの健康効果をまとめました。

今回紹介されたS-903納豆の健康パワー&アレンジレシピは、こちらでまとめています↓

【林修の今でしょ講座】納豆のサバ缶和えの作り方 S-903 アレンジレシピ&免疫機能アップ効果(1月12日)

タイトルとURLをコピーしました