【ヒルナンデス】うどん作り(丸亀製麺レシピ)友近さんが90分で手作りうどんに挑戦!(6月25日)

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年6月25日の『ヒルナンデス』では、友近×藤井隆の『イチからうどん作り』が放送されました。

丸亀製麺の90分で作れるうどんのレシピを参考に、90分でうどん作りに挑戦します。

スポンサーリンク

生地のベース作り

1.水88gに塩10gを入れ、よく混ぜる

2.小麦粉200gをよく振るっておく

<ポイント>振るっておくとダマになりにくい

3.塩水を少しずつ小麦粉の入ったボウルに入れ、小麦粉を休まず混ぜ続ける

<ポイント>混ぜ続けると塩水が均等に染み渡り、大きなダマもできにくい

4.大きなダマは小さくちぎり、大きな塊にする

5.空気に触れないようビニール袋に入れ、15分寝かせる

生地を鍛える

6.寝かせた生地を袋に入れたまま、片足全体で行進する形で直径20㎝になるまでゆっくり優しく足で踏む(約5分くらい)

<ポイント>鍛えすぎると固くなるため、片足でゆっくり優しく踏む

7.四角に折り、丸い形に戻す

8.再度10分寝かせる

<ポイント>じっくり寝かせることでコシがアップ!(丸亀製麺の場合24時間)

9.先ほどの工程を繰り返し弾力をつける

10.再び四角⇒丸い形に戻し、10分寝かせる

寝かせた後生地を指で押し、戻ってくれば弾力がついた証拠!

生地を伸ばしてカット

11.寝かせた生地を手のひらで少し平らにする

12.直径10㎝程の円にしたら、麺棒でトントンと縦・横ともに圧をかける(イメージはメロンパン)

※麺棒がなければ、ラップの芯でもOK

13.麺棒と生地がくっつかないよう打ち粉をする

14.中央・中央・端・端とまんべんなく圧をかける(生地の端数ミリ前で麺棒を止めることで、端だけ薄くなるのを防ぐ)

15.生地を長方形に伸ばして折りたたみ、割り箸1本の細さを目安に生地を約5㎜幅に均一に切る

<ポイント>均一に切らないと茹で時間にムラができる

16.麺に打ち粉をしてから麺の10倍のお湯に入れ、吹きこぼれない程度の火加減で約15分茹でる

<ポイント>たっぷりのお湯で余分な塩気が抜ける

17.流水でうどんをよく洗う

<ポイント>流水で洗うことでツルツルモチモチ食感に!

18.コシを出すため、冷たい水で一気にしめる

19.麺を器に盛り、出汁をかければ完成!

手作りうどんのお味は?

初めての手作りうどんは硬く仕上がってしまったようですが、その理由は3つありました。

●本来なら足で直径20㎝くらいまで伸ばす工程で、大きく伸ばしすぎてしまったため、硬くなり過ぎた

●時間に焦ってしまったせいで、麺の太さがばらばらになり、茹で上がりにムラがでた

●しゃべりすぎ

うどんを作るのにかかった時間は、1時間49分でした。

同じ日に放送された『ご飯のお供ランキング』は、こちらでまとめています↓

【ヒルナンデス】ご飯のお供ランキング!トップ10発表&購入方法情報 (6月25日)

タイトルとURLをコピーしました