【くりぃむしちゅーのハナタカ優越館】唐揚げを美味しく作る方法 金賞受賞塩から揚げ専門店『からあげ!ごっち』が教える鶏肉の切り方・揚げ方のポイント(6月25日)

スポンサーリンク
生活の知恵
スポンサーリンク

2020年6月25日の『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ優越館』では、唐揚げをより美味しく作る方法が紹介されました。

唐揚げ専門店が教える新鮮な鶏肉の見分け方や味が変わる切り方、揚げる時のコツなど、知っておきたい情報満載です!

教えてくれたのは、鶏むね肉を使った塩唐揚げが最高金賞を受賞した『からあげ!ごっち』の店主甲斐さんです。

鶏むね肉には、抗酸化作用を持つイミダゾールジペプチドが多く含まれています。

そんな鶏むね肉を使った絶品唐揚げの作り方とは?

この記事では、美味しい唐揚げの作り方をまとめます!

スポンサーリンク

フライドチキンと唐揚げの大きな違いは?

衣に味付け⇒フライドチキン

肉に味付け⇒唐揚げ

という違いだそうです。

鶏肉をやわらかくする低温調理

約50℃~60℃でじっくり火を通す方法は、鶏肉を柔らかく仕上げられるそうです。

『低温調理』と言われており、今注目されている調理法です。

肉のたんぱく質は70℃くらいで硬くなるため、それ以下の温度で調理するのがポイントだそうです。

鶏肉の目利きポイント

鶏肉は時間がたつと色が薄くなります。

そのため色が濃いものが新鮮です。

またドリップが出ていないものを選ぶのもポイントです。

鶏肉の切り方で味が変わる⁉

鶏肉が美味しくなる切り方を教えてくれました。

1.余分な皮・脂をすべて取り除く

2.むね肉の繊維に沿って切る(食べたときにほぐれやすい!)

3.繊維の対角線上にフォークで刺す(加熱時に繊維が縮まるのを防ぐ)

日本一の塩だれの作り方

塩・ごま油・白だし・ニンニク・生姜をベースに、肉を柔らかくするために砂糖を加えるのがポイントだそうです。

砂糖には肉のたんぱく質を水分を結びつける作用があります。

美味しくするための漬け込み方

美味しくするには『真空状態で漬け込む』のがポイントです。

・均等に味がつく

・少量の漬けダレで済む(タッパーの1/3)

という利点があります。

唐揚げを揚げる前は常温に戻す⁉

唐揚げを上げる前には常温に戻した方がよいそうです。

常温の方が焦げにくいからです。

冷えている方が温度差で焦げやすいとのこと。

また冷えたままだと、中まで火が通っていないこともあります。

油切れをよくする粉の付け方

油切れをよくするには、余計な粉を落とすことがポイントです。

こうすることで油切れが良くなり、カラッと揚がります。

粉は水分や肉汁を吸って逃してしまうため、揚げる直前に付けます。

冷めたから揚げを温めなおすおすすめの方法

冷めたから揚げを家庭で温めるなら

電子レンジで中身を温める⇒オーブンで外側を焼く

のがおすすめとのこと。

オーブンで温める時、アルミホイルはクシャクシャにしてから使うのが良いそうです。

隙間を作ることで油が落ち、表面がベチャッとなりません。

まとめ

日本一の塩唐揚げを作った専門店が教える、唐揚げを美味しく作る方法をまとめました。

同じ日に放送された副業で月100万稼ぐ方法は、こちらでまとめています↓

【くりぃむしちゅーのハナタカ優越館】自分の特技を販売する副業とは?恋愛相談で月100万⁉(6月25日)

タイトルとURLをコピーしました