【ハナタカ】omoi(おもい)のフライパン購入方法&お肉の美味しい焼き方(11月26日)

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年11月26日の『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ優越館』では、誰でも簡単にプロの味を再現できるフライパンが特集されました。

肉が美味しく焼けるフライパンとは?

この記事では、フライパンの選び方やお肉を美味しく焼く方法をまとめます!

スポンサーリンク

13年かけて開発されたフライパン omoi(おもい)

出典:おもいのフライパン

石川鋳造のomoi(おもい)のフライパン11,000円~は、表面にコーティングをしておらず、お肉が美味しく焼けるフライパンです。

一般的なフライパンはダイヤモンドコーティングやテフロン加工がされており、徐々に剥がれ落ちてしまいます。

omoiのフライパンはコーティングなしなので、ずっと使い続けることができます。

omoiのフライパンは肉が美味しく焼けるよう、13年かけて開発されました。

鋳物は熱伝導が良く、蓄熱性が高いのが特徴です。

以前は3年待ちになるほど注文が殺到しましたが、現在は3か月待ちくらいで購入可能だそうです。

おもいのフライパンは石川鋳造の公式サイトから購入できるようです↓

おもいのフライパン|世界で一番お肉がおいしく焼ける鋳物のフライパン
おもいのフライパンは世界で一番お肉が美味しく焼けるフライパンです|石川鋳造

お肉を美味しく焼けるフライパンの選び方

お肉を美味しく焼けるフライパンは、A・B・Cのどれ?

 

⇒A

フライパンは厚みがあるものがお肉を美味しく焼けるとのこと。

お肉を乗せても温度が下がらず、キレイに焼けるそうです。

お肉を焼く前にするひと手間

お肉は冷凍されているなら、冷蔵庫でじっくり時間をかけて自然解凍します。

解凍されたお肉を美味しくするため、焼く前にするひと手間とは?

 

常温に戻す

冷たいままだと中と外が均一に焼けません。

焼く前に冷蔵庫から取り出し、常温に戻してから焼きましょう。

omoiのフライパンで焼いたお肉のお味は?

omoiのフライパンで焼いたお肉は外はカリッと、中はふんわりと仕上がっていて美味しいそうです。

同じ日に放送されたトースターのハナタカ情報は、こちらでまとめています↓

【ハナタカ】最新トースター&食パンの美味しい焼き方 トースター専門家が伝授(11月26日)

ちなみに以前こちらの番組で、安いお肉を絶品ステーキにする焼き方が紹介されていました↓

【世界一受けたい授業】(3月14日)スーパーのお肉を絶品サーロインステーキにする方法!名店シェフのレシピを公開

よろしければあわせてご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました