お肌に良いといわれる美肌菌は、どんな菌なの?

スポンサーリンク
美容関連情報
スポンサーリンク

美肌菌って名前だけど本当に美肌になるのか?

お肌にどんな働きをするのか?

美肌菌は多ければ多いほど良いの?

等々、美肌菌について、分かり易く解説していきます!

 

スポンサーリンク

お肌に良いといわれる美肌菌(表皮ブドウ球菌)とは?

人の体にはいろんな種類の細菌が存在しています。
常在菌と呼ばれていて、体にとってプラスに働く善玉菌と不調をもたらす悪玉菌の2つに分けることができます。

肌の中にも善玉菌で、肌にとってプラスに働く美肌菌と呼ばれる表皮ブドウ球菌が存在しています。
その美肌菌(表皮ブドウ球菌)を増やすと、肌のキメ、ハリ、くすみ、シミ、シワの改善が期待でき、美肌効果が得られ逆に、美肌菌(表皮ブドウ球菌)が少なくなると、お肌のトラブルにつながるといわれています。

 

美肌菌(表皮ブドウ球菌)はどんな働きをするのか?

美肌菌(表皮ブドウ球菌)は、肌の内側からグリセリンの分泌を促す作用があり、グリセリンは、天然の保湿クリームを作り出し、肌を保湿したり、バリア機能を高め紫外線や水分の蒸発から肌を守るというような働きをします。

また、アミノ酸やペプチドなどの肌の栄養素を作りだし肌を弱酸性に保ち悪玉菌(黄色ブドウ球菌やアクネ菌など)を排除します。


美肌になる為、美肌をキープする為には、悪玉菌(黄色ブドウ球菌やアクネ菌など)の発生を防ぎ、美肌菌(表皮ブドウ球菌)を増やしていくことが重要ということですね。

 

美肌菌(表皮ブドウ球菌)は、多ければ多いほど良いのか?

ズバリ! お医者様の見解でも美肌菌は、多ければ多いほど肌には良いとされています。

美肌菌(皮膚ブドウ球菌)が多いと保湿のために働いてくれ、肌に必要な水分保つことができ、バリア機能も高まるということなのです。

美肌菌をたくさん増やすことができれば、お肌のトラブルを防ぎ、潤いのある美肌になるということですね。


これはもう、美肌菌(表皮ブドウ球菌)を増やすしかないですよね!

美肌菌(表皮ブドウ球菌)を増やして美肌になり、美肌をキープしちゃいましょう!

 

必見! 美肌菌(表皮ブドウ球菌)を増やす為にやるべきこと!

  • 美肌菌まで失わないように洗顔は、石鹸をよく泡立て、優しく手が顔に当たらないくらいで洗い、優しく35度くらいのぬるま湯で泡をしっかり洗い流す。
  • 眠っている間に分泌された美肌菌(表皮ブドウ球菌)を減らさないように、朝の洗顔は、ぬるま湯のみで洗顔する。
  • 悪玉菌となる雑菌を繁殖させない様に、メイクはしっかり落とす。
  • 角質層がふやけて美肌菌まで失われないように、お風呂は、ぬるめのお湯で15分以にする。
  • 肌が乾燥し雑菌が増え、美肌菌(表皮ブドウ球菌)が減少しないように保湿をしっかり行う。
  • アルコールは肌を乾燥させやすいので、アルコール入りの化粧水は使わないようにする。
  • 適度に運動をして汗をかくことで、美肌菌(表皮ブドウ球菌)のエサになる汗や皮脂を増やす。
  • メイクをしたり、落としたりする過程で、美肌菌(表皮ブドウ球菌)が減りやすくなるので、ノーメイクで、肌を休ませる時間を作り、美肌菌(表皮ブドウ球菌)を増やす。
  • 自律神経が乱れ、ホルモンバランスの乱れを起こし美肌菌(表皮ブドウ球菌)を減らさないように、ストレスをためない。

 

等々、意識して取り組めば簡単にできそうなことばかりですね!

意識して習慣化して、美肌を作り、美肌をキープしましょう!

 

まとめ

美肌菌について解説しましたが、美肌菌は美肌を作りキープするのに重要な働きをすることが分かったと思います。

特に、美肌菌を増やす為に、常日頃の生活の中で、気を付けなければいけないことが、たくさんありましたが、意識すれば、簡単にできそうなことばかりでしたね。

意識して、美肌菌を増やすことを習慣にして、肌のキメ、ハリ、くすみ、シミ、シワの改善に取り組み、美肌になり、美肌をキープしましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました