ターンオーバー(代謝回転)について調べてみた!

ターンオーバー(代謝回転) 美容関連情報
スポンサーリンク

ターンオーバー(代謝回転)という言葉よく聞きますが、細胞の生まれ変わりということかな?ぐらいしか認識していませんでした。

 

化粧品のCMなどでも、よく耳にするターンオーバー(代謝回転)美肌になる為のポイントなんでしょうけれど、どんなものなのでしょうか?

 

今回は、ターンオーバー(代謝回転)について調べてみました!

 

スポンサーリンク

ターンオーバー(代謝回転)とは?

簡単に言うと古い細胞や組織自体が新しく入れ替わること。

表皮の新陳代謝のことです。

皮膚は、大きく分けると表皮、真皮、下組織という3つの層からできます。

皮膚が生まれ変わるのは、表皮の基底層という部分で、この基底層で作られた新しい細胞が変化しながら表面に押し出され、角化細胞になって垢として自然に剥がれ落ちるまでのサイクルをターンオーバー(代謝回転)といいます。

肌はいつも健康で強く美しい状態を保とうとターンオーバー(代謝回転)を繰り返しています。

ターンオーバー(代謝回転)がうまく機能するとが、美肌になる要素なんですね!
どれくらいの期間でターンオーバー(代謝回転)するのでしょうか?

 

ターンオーバー(代謝回転)の周期について

正常なお肌のターンオーバー(代謝回転)の周期は約28日といわれています。

しかし、ターンオーバー(代謝回転)の周期は年齢とともに長くなっていく傾向にあり、

当然、個人差がありますが、ターンオーバー(代謝回転)の周期 は、 年齢 × 1.5~2倍になるようです。

怖いですね。 嫌ですね。

怖いよ~怖いよ~怖いよ~ですね(笑)

 

つまり、年齢とともにお肌のターンオーバー(代謝回転)の周期は長くなり、肌細胞が生まれ変わるまでの時間が長くなるということになります。

 

年齢を重ねるにつれて、そばかすやシミが濃くなったり、傷や虫刺されの痕などが、消え難くなるのは、この為なんですね。

 

そういうことなら、ターンオーバー(代謝回転)を早くしたいと思いますよね?

しかし、ターンオーバー(代謝回転)の周期は短ければ短いほど良いというわけではないのです。

 

実は、長すぎても短すぎてもダメなんです。

 

ターンオーバー(代謝回転)の周期が短すぎると、肌に潤いを与えるセラミドなどが十分に作られず、バリア機能が弱くなり、ターンオーバー(代謝回転)の周期が長すぎると古い角質が肌に残ってしまい、新たなターンオーバー(代謝回転)を疎外してしまい、肌荒れにつながります。

 

ターンオーバー(代謝回転)といっても、その周期を短くすることだけが良いのではなく、
年齢に応じて、適正なターンオーバー(代謝回転)の周期に近づけ、正常化することが美肌につながるのですね。

 

ターンオーバー(代謝回転)周期が乱れる原因は?

ターンオーバー(代謝回転)が乱れる原因にはどんなものがあるのでしょうか?

原因を挙げておくので、美肌の為に気を付けましょうね。

紫外線の当たりすぎ、睡眠不足、ストレス、食生活の乱れ、喫煙、過剰なアルコール摂取、お肌の栄養不足、ホルモンの乱れ、過剰なスキンア、加齢、等々・・・。

 

まとめ

ターンオーバー(代謝回転)は、美肌の為に必要なお肌の新陳代謝で、周期があり、加齢とともに周期が長くなる。

正常な周期は、約28日で長すぎても、早すぎても美肌には良くない。

 

また、美肌の為には、下記に挙げていることが良くない!

紫外線の当たりすぎ、睡眠不足、ストレス、食生活の乱れ、喫煙、過剰なアルコール摂取、お肌の栄養不足、ホルモンの乱れ、過剰なスキンア、加齢、等々・・・。

 

上記のことに気を付け、美肌になり、美肌をキープしましょう!

タイトルとURLをコピーしました