【ハナタカ】東大に入れる勉強法 現役東大生佐々木京聖さんの考え方(4月1日)

スポンサーリンク
生活の知恵
スポンサーリンク

2021年4月1日の『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ優越館』では、教育の専門家軍団が登場。

現役東大医学生・佐々木京聖さんが実践した勉強法とは?

この記事では、現役東大生が教える誰でも東大に入れる勉強法を紹介します!

スポンサーリンク

2ストライクの気持ちで打て!

佐々木さんは両親から言われた言葉で、考え方が変わったことが勉強への集中力につながったそうです。

バッティング練習をしていた時、「2ストライクの気持ちで打て!」と言われていたそうです。

勉強でも後がないと考えることで集中できるそうです。

宿題をやった後なら何をやってもOK!

佐々木さんは親から勉強しなさいと言われたことはありませんでした。

お母さんから「宿題終わったら何をやってもOK」と言われていました。

これがやる気アップにつながり、好きなことをするためにまず宿題をやっていたそうです。

自分でなぜ勉強が必要か考えさせる

友達とケンカした時の叱り方でも、考え方が変わります。

佐々木さんはある時、友達とケンカして泣かせてしまいました。

佐々木さんのお母さんは子供が自分で考えるように「何て言えば泣かなかったと思う?」と自分で相手の気持ちを考えさせたそうです。

「算数ができたらどんな良いことがある?」など、なぜ学ぶ必要があるのか自分で考えさせるのが重要です。

毎日30分勉強する

勉強するとき、毎日10問やるのと毎日30分やるのでは毎日30分やる方が良いそうです。

毎日10問だとサボりぐせがつきやすくなります。

毎日30分勉強すると毎日勉強する習慣が身につきます。

同じことの繰り返しで勉強するようになる!?

佐々木さんは週8回油そばを食べるそうです。

普段の習慣を行うことで、平常心を保つことができるとのこと。

同じことの繰り返しで勉強する習慣がつくようになるんだとか。

まとめ

現役東大生が教える勉強法・考え方をまとめました。

東大生といえば、以前別番組で東大王出演者の勉強法・教育法が特集されていました↓

【金スマ】(3月13日)明日からマネできる『東大王の育て方』15のテク!家庭での習慣&禁止事項・頭がよくなる方法とは? 

よろしければあわせてご覧ください!