【ハナタカ】視力がよくなる目の運動のやり方(7月8日)

スポンサーリンク
目 顔健康関連情報
スポンサーリンク

2021年7月8日の『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ優越館』で放送された 一時的に視力がよくなる目の運動のやり方を紹介します!

天海祐希さんが実際に試して、一時的にですが視力が0.5もよくなった方法です。

ぼんやり見えていたものがクリアにはっきり見えるようになる!?

スポンサーリンク

視力がよくなる目の運動のやり方

  1. 5秒間目を閉じる
  2. 10秒間上を見る
  3. 5秒間目を閉じる
  4. 10秒間下を見る
  5. 5秒間目を閉じる
  6. 10秒間右を見る
  7. 5秒間目を閉じる
  8. 10秒間左を見る

なぜ一時的に視力がよくなる?

目は100%涙から酸素や栄養を受け取ります。

目を動かすと涙腺が刺激され涙が出るため、目の細胞が活性化して見やすくなると考えられます。

このほかにも、小さな穴から対象物を見る「ピンホール効果」でも、一時的に視力がアップするそうです。

余計な光が遮断され1点に集中して見やすくなるため、一時的に目が良くなると考えられます。

まとめ

視力がよくなる目の運動を紹介しました。

視力検査の前に試してみると、良い結果が得られるかもしれませんね!

視力アップといえば、以前こちらの番組でも視力回復の方法が紹介されていました↓

【林修の今でしょ講座】視力回復トレーニング 本当に目が悪い人が視力アップした方法(5月25日)

ハナタカ優越館公式HP