【サタプラ】まさる漬けのレシピ作り方 小林まさるさん(10月30日)

スポンサーリンク
まさる漬けグルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2021年10月30日の『サタデープラス(サタプラ)』で放送された 義父と娘の料理研究家コンビ 小林まさみさん&小林まさるさんのヘビロテアイテムランキングの中で紹介されたまさる漬けのレシピ作り方を紹介します!

日本テレビ系列『3分クッキング』でおなじみの料理研究家小林まさみさんと、ご主人のお父様で80代で現役料理研究家の小林まさるさん親子が、お家で愛用している調理グッズやおすすめ食品を教えてくれました。

この記事では、小林親子のおすすめまさる漬けのレシピ作り方をまとめます。

スポンサーリンク

【サタプラ】まさる漬けのレシピ作り方 (10月30日)

Recipe by NEWS123Course: 前菜Cuisine: おつまみ, 調味料Difficulty: 簡単
Servings

4

servings
Prep time

5

minutes
Cooking time

10

minutes
Total time

15

minutes

小林親子のおすすめまさる漬けのレシピ作り方

材料

  • 青とうがらし 1.2kg
    (韓国産の辛いタイプがベスト、なければ日本産の青唐辛子でもOK)

  • 【A】
  • 帆立て貝柱 1缶(140g)

  • しょうゆ 1と1/2カップ(300cc)

  • ナンプラー 大さじ2

  • 塩 大さじ1

  • サラダ油 大さじ1    

作り方

  • ボウルに【A】を合わせておく。(帆立て貝柱は缶汁ごと加える)
  • 青とうがらしはヘタを取り、フォークで穴をあける。
  • 大きめのフライパンにサラダ油を強火で熱し、青とうがらしの1/5~1/4量を入れる。こんがりするまで5分間ほど炒め保存容器に移す。これをもう一度繰り返し【A】の半量を全体にかける。
  • 3と同様に、残りの青とうがらしを2~3回に分けて炒め、そのつど3の保存容器に加える。残りの【A】を全体にかける。
  • 粗熱を取ったらふたをし、冷蔵庫に入れて漬ける。2日に1回全体を混ぜ、3日間ほど漬ければ食べられるが、10日間ほどたってからが食べごろ。
    【保存】
    1か月間くらいおくと発酵して酸味が出てくるので、好みで食べきる。2か月間ほど冷凍保存することも可能。

メモ

  • 韓国産青とうがらしは、日本の青とうがらしよりもやや大きく、韓国食材店などで入手できる。
  • まさる漬けは、刻んで調味料として使っても重宝します。
  • まさる漬けは、冷奴のトッピングにしても美味しい。
  • チャーハン1人分に、刻んだまさる漬け1/2本、まさる漬けの漬け汁小さじ1を目安に加えるだけで、おいしさがぐんとアップします。
  • まさる漬けはオンラインショップからお取り寄せもできます。

小林まさるのレシピ本

小林まさみさんのレシピ本

まとめ

今期の記事では、小林親子のおすすめまさる漬けのレシピ作り方をまとめました。

まさる漬けは、保存もききますし、おつまみや調味料としても重宝しそうです!

小林まさみさん&小林まさるさんのヘビロテアイテムランキング

サタデープラス番組情報

サタデープラス公式HP