【ラヴィット】鍋の素ランキングTOP10この冬食べるべき鍋No.1は!?(11月26日)

スポンサーリンク
鍋グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2021年11月25日の『ラヴィット』で放送された 、 鍋の素ランキングTOP10を紹介します!

ラヴィットでは毎日専門家が選んだ本当に良い商品を、ランキング形式で発表しています。

今回は、寒い季節にピッタリ! 手軽に鍋料理が食べられる鍋の素をミシュランシェフがランキング付けしTOP10を発表します!

ランキング付した専門家

ミシュランガイド14年連続1つ星イタリアン 麻布十番 ピアットスズキ 鈴木弥平さん

ミシュランガイド7年連続1つ星フレンチ 恵比寿 アムール 後藤祐輔さん

ミシュランガイド7年連続1つ星 四谷 季旬鈴なり 村田明彦さん

スポンサーリンク

鍋の素ラヴィットランキングTOP10

第10位 鍋キューブ 鶏だしうま塩(味の素)

第10位 鍋キューブ 鶏だしうま塩(味の素)でした。

鍋キューブは、今までの鍋つゆの概念を覆した固形タイプで、1個1人前と作る量を自由に調整できるのが魅力!

シリーズ売上No.1の鶏だしうま塩は、風味豊かな鶏だしのスープを塩で引きたて、本格的ならーめんにも使われる鶏油を加えてまろやかさをアップ!

鶏肉や鶏団子との相性は抜群で、〆は鶏の旨味たっぷりの雑炊がオススメ。

第9位 とり野菜味噌鍋スープ(マルサンアイ まつや)

第9位 とり野菜味噌鍋スープ(マルサンアイ まつや)でした。

石川県では、知らない人がいないといわれるほどの、とり野菜みそを鍋野菜スープに仕上げたとり野菜味噌鍋スープは、みそベースのスープに、数種類の調味料に、魚介や鶏肉のエキスを混ぜ合わせた濃厚でコク深い味わい。

〆にはうどんを入れて味噌煮込みうどん風にいただくのがオススメ。

第8位 〆まで美味しいゴマ豆乳鍋つゆ(ミツカン)

第8位 〆まで美味しいゴマ豆乳鍋つゆ(ミツカン)でした。

日本で1番売れている鍋の素絶対王者が早くもランクイン!

鶏と昆布の合わせ出汁を練りゴマと豆乳で仕上げたコクがあってまろやかな味わい。

ミツカン公式の〆のオススメは、なんとカルボナーラ!

残ったがゴマ豆乳スープに、ゆでたパスタ麺とベーコン入れ牛乳、粉チーズ卵黄で味付けするだけで、〆のカルボナーラに!

第7位 CoCo壱番屋監修カレー鍋スープ(ダイショー)

第7位 CoCo壱番屋監修カレー鍋スープ(ダイショー)でした。

CoCo壱番屋のコク深いカレールーに、豚骨、チキンコンソメ、焼津産かつお節の旨味を加え秘伝のとびからスパイスで本格的な辛さに仕上げた大人向けの一品。

ミシュランシェフ、ピアットスズキの鈴木弥平さん考案、CoCo壱番屋監修カレー鍋の〆は、フランスパンを使ったカレーパングラタン!

作り方は、カットしたフランスパンをオーブントースタで、焼き目が付くくらいに焼き、残ったカレースープの中へ入れ、表面が隠れるくらいたっぷりと、とろけるチーズをかけて弱火で約2~3分加熱すれば完成!

第6位 はまぐりだし寄せ鍋つゆ醤油味(モランボン)

第6位 はまぐりだし寄せ鍋つゆ醤油味(モランボン)でした。

甘みのあるはまぐりだしに、昆布、かつお節、ホタテの旨味を合わせ、ベースに薄口しょうゆを使うことで、上品で、まろやかな味わいに!

ホタテ、タラ、エビなどの魚介類との相性抜群!

〆は雑炊にすると具材から出た魚介の旨味で絶品になります。

第5位 〆まで美味しい地鶏昆布だし鍋つゆ(ミツカン)

第5位 〆まで美味しい地鶏昆布だし鍋つゆ(ミツカン)でした。

ベースの醤油にコク深い阿波尾鶏のダシと昆布だしを合わせることで、料亭の様な上品で優しい味わいに!

鶏団子や鶏もも肉等との相性も抜群で、〆は出汁の旨味を生かした出汁茶漬けがオススメです。

第4位  〆まで美味しいとんこつ醤油鍋つゆ(ミツカン)

第4位  〆まで美味しいとんこつ醤油鍋つゆ(ミツカン)でした。

じっくり煮込んだ豚骨と鶏ガラスープにコク深い本醸造の醤油さらに野菜スープを加えることで濃厚ながらもマイルドで飽きの来ない味わいに!

実は、開発担当者が横浜家系ラーメン好きで、鍋の〆に美味しいラーメンが食べたいとこだわり抜いて開発した商品とのこと。

お好みで、エビやイカを加えるのもオススメ。

第3位 鍋キューブ濃厚白湯(味の素)

第3位 鍋キューブ濃厚白湯(味の素)でした。

キューブタイプながら絶妙なとろみを生み出す鍋キューブ濃厚白湯は、豚骨と鶏ガラの出汁をベースにした濃厚な白湯スープに生姜、ニンニク、かつおの風味を隠し味に効かせ食欲をそそるコク深い味わいに!

〆のオススメは、白湯ラーメンです。

第2位 国産紅ズワイ蟹だしうま鍋つゆ(盛田)

第2位 国産紅ズワイ蟹だしうま鍋つゆ(盛田)でした。

甘みが強く濃厚な旨味の国産紅ズワイガニを贅沢に使ってだしを取り、北海道産日高昆布の出汁と合わせることで蟹の旨味を最大限に引き立たせ、さらに醤油ベースのスープにカニの殻の粉末を加えることで、カニ特有の香りが広がる鍋に!

白身魚、白菜、ネギなどが相性抜群です。

ミシュランシェフ、季旬鈴なりの村田明彦さん考案オススメの鍋の〆は、カニの旨味凝縮のはんぺんの玉子とじ!

作り方は、残ったスープにちぎったはんぺんを加え熱し溶いた玉子を加えて2~3分煮込むだけで完成!

第1位 うましみ鴨だし寄せ鍋つゆ(キッコーマン)

第1位 うましみ鴨だし寄せ鍋つゆ(キッコーマン)でした。

ベースの醤油に国産の鴨ダシと鴨の風味を引き立たせる鴨油を加えかつお節とおからで取ったコク深いダシと合わせた鴨の旨味を最大限に引き立たせた一品!

〆は鴨ダシの風味にピッタリの鴨だし蕎麦がオススメです。

まとめ

今回の記事では、2021年11月25日の『ラヴィット』で放送された 、 鍋の素ランキングTOP10を紹介しました!

翌週放送された業務スーパー神アイテムランキングは、こちらでまとめています↓

【ラヴィット】業務スーパー神アイテムランキングTOP8&アレンジレシピ(11月29日)

ラヴィット関連記事

ラヴィット番組情報

ラヴィットHP