【ソレダメ】(4月15日)朝食おかずの新常識(納豆・焼き鮭・スクランブルエッグ)

スポンサーリンク
生活の知恵
スポンサーリンク

2020年4月15日の『ソレダメ』では、定番おかずの新常識が特集されました。

この記事では、朝食にソレマル情報をまとめます!

スポンサーリンク

納豆×生卵はソレダメ!

納豆に生卵を入れる人は多いですが、実はソレダメ!な食べ方だそうです。

生卵の卵白に含まれるアビジンは、納豆の有効成分の吸収を阻害してしまうからです。

それでも卵と一緒に食べたい!という人は、卵白だけ外して卵黄のみ混ぜるようにしましょう。

鮭をふっくら焼くには?

スーパーで安い値段で購入した鮭って、焼いてみるとパサパサすることが多いですよね。

焼き鮭はそのまま焼くのではなく、オイルを塗ってから焼くと高級鮭のようになるそうです。

オイルでコーティングすることで、身の水分が飛ぶのを防ぐことができ、ふっくら焼くことができます。

【ふっくら焼き鮭の作り方】

1.軽く水洗いした鮭をラップの上に乗せ、サラダ油を両面にかける

2.ラップをぴったりと包み、油をなじませるように最低20分おく

(前の晩に仕込んでおいてもOK)

3.軽くオイルを拭いて、弱火で蒸し焼きにする

食べてみると食感が全く違うそうですよ!

スクランブルエッグは炭酸水でふわふわに!

スクランブルエッグを作るときは、ただ卵を混ぜるだけでなく…

炭酸水を入れるとフワフワになるそうです。

炭酸水に含まれる二酸化炭素の泡により、たまごに無数の気泡ができ、フワフワになるといいます。

卵2個に対して炭酸水は大さじ1杯入れると、高級スクランブルエッグになりますよ!

ウィンナーは水で炒める!

ウィンナーは油で炒めるのではなく、少量の水でいためることで高級ウィンナーになると言います。

【格上げウィンナーの作り方】

1.フライパンに50㏄の水(ウィンナーの半分がつかるぐらいの量)を入れて沸騰させる

2.沸騰したらウィンナーを入れて強火で一気に加熱する

3.水気がなくなるまで炒めたら、出来上がり!

たったこれだけで、高級ウィンナーのようにプリプリになるそうです。

少量の水でボイルすることで身が水分を吸って程よく膨張し、プリプリになるんだとか。

油で焼くと皮が破れ、旨みが出てしまうのです。

ウィンナーは少量の水で炒めましょう!

まとめ

朝食おかずを美味しくする新常識をまとめました。

次のページでは、ホールケーキをきれいに切り分けるわざをまとめます↓

【ソレダメ】(4月15日)ホールケーキの失敗しない切り分けるワザ!(ソレマル新常識)

タイトルとURLをコピーしました