【1億3000万人のSHOWチャンネル】美文字の書き方 中条あやみさんが挑戦!(2月6日)

スポンサーリンク
エンタメ情報
スポンサーリンク

2021年2月6日の『1億3000万人のSHOWチャンネル』では、中条あやみさんが登場。

コンプレックスの「字が上手くなりたい!」という願いを克服するために、美文字に挑戦します。

教えてくれたのは、ペン字講師の萩原季実子先生です。

この記事では、美文字の書き方を紹介します!

スポンサーリンク

⒈ 45度の打ち込みをするべし

出典:日本テレビ

文字の書き始めに45度の打ち込みをすることで、グッと大人らしい文字になります。

中条あやみさんの「中」という文字も、打ち込みをするだけでとてもキレイに見えるようになりました。

⒉ つながりを意識せよ

出典:日本テレビ

ひらがなは次へのつながりを意識すれば、丸みが生まれ美しくなります。

書き順を意識して、次の書き始めに向かって自然な丸みを描きます。

⒊ 一二三の書き方を意識せよ

出典:日本テレビ

子供っぽい文字の特徴は、横に伸びる線が同じ方向を向いています。

一二三の書き方で、全体的に大人っぽくなるそうです。

一:左から弓なりに書く

二:最初は斜め上に書き、2本目は弓なりに書く

三:最初は斜め上に書き、2本目は真横へ。3本目は弓なり書く

中条あやみさんの文字はどうなった?

出典:日本テレビ

一通り練習した中条あやみさん。

練習前に書いた文章を再度書いてみたところ、先生から合格をいただけました!

最初の文字よりも大人っぽくキレイな文字になっていました。

ちなみに今回教えてくれた萩原先生は、こちらの番組でも美文字を書くコツを教えていました↓

【教えてもらう前と後】美文字メソッド 5つのポイント!10分で美文字が書ける! (「EXITラーニング」7月7日)

さらに詳しい内容になっているので、よろしければあわせてご覧ください!