【世界一受けたい授業】(3月21日)山本ゆり先生のペペロンチーノの作り方&食レポ 洗い物を減らすテクニック(クッキングシート・ラップ活用)!

グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年3月21日の『世界一受けたい授業』では、今日本一売れているレシピ本『syunkonカフェごはん』シリーズ著者・山本ゆり先生(33歳)がおうちで簡単カフェごはんを紹介してくれました。

山本ゆり先生の洗い物を減らすテクニックは、クッキングシートやラップを使う方法でした。

この記事では、洗い物を減らすテクニックとペペロンチーノの作り方を紹介します。

スポンサーリンク

洗い物を減らすテクニック

●クッキングシート活用

山本ゆり先生は副菜などを小鉢に入れて出す代わりに、クッキングシートを活用するそうです。

可愛く形を整えれば、見た目も華やかで洗い物がぐっと減ります。

●ラップ活用

ラップにマヨネーズを入れて包み、爪楊枝などで穴を開ければ、サラダなどにオシャレにマヨネーズをかけられます。

洗い物を減らす究極メニュー『ペペロンチーノ』の作り方

普通に作るとパスタを茹でる鍋、お湯を切るザル、最後に炒めるフライパン、盛りつける食器が必要ですが、これが1/4になる裏ワザです。

【材料】

スパゲッティの麺(袋の表示が5~7分茹でのもの) 100g程度
カットベーコン       40g程度
キャベツ          1枚
チューブのおろしにんにく  1㎝程度
赤唐辛子(小口切りのもの) ひとつまみ

オリーブ油       小さじ2ぐらい
塩           小さじ1/3ぐらい
顆粒コンソメスープの素 小さじ1/2ぐらい
水           250mlぐらい
オリーブ油        小さじ1程度
塩            適量
あれば粗挽き黒こしょう  適量

【作り方】

1.パスタを半分に折り、耐熱皿に入れる

2.カットベーコン・ちぎったキャベツ・唐辛子・塩・コンソメスープの素・にんにく・オリーブオイル・水(250ml)を加えて、ラップをかけずに電子レンジで10分加熱する

3.オリーブオイルを加えて混ぜ、塩で味を調え、最後に黒こしょうを振れば完成!

すべての食材を一緒に加熱するので、パスタにゆで汁の旨味がしみ込み美味しくなるそうです。

電子レンジから出した時、お湯が底に少し残ってとろっとしているぐらいが理想なので、パサついていたらお湯を足す、お湯が残りすぎていたら捨てるなどで調整します。 

ペペロンチーノを作ってみた!&食べた感想

自宅でさっそくペペロンチーノを作ってみました。

ベーコンはなかったのでソーセージで代用、塩の代わりにクレイジーソルトを使用しました。

出来上がったパスタは部分的に麺が固まっていましたが、味はしっかりペペロンチーノになっていました!

パスタをしっかりほぐして食べれば気にならない程度だし、ひとりランチ用なら全く問題ないメニューだと思いました。

味は思ったよりもしっかりしていたので、電子レンジでチンする前は調味料を控えめにして、最後に塩・こしょうで整えるといいと思います。

お皿1つで洗い物が少ないのが嬉しいですね。

まとめ

ペペロンチーノのレシピは、麺がちょうどアルデンテになるよう時間と水を調整しているので、美味しくいただけるそうですよ!

今回紹介してくれたレシピを最初からご覧になりたい方は、こちらからお願いします↓

【世界一受けたい授業】(3月21日)バスク風チーズケーキの作り方(山本ゆり先生レシピ)

タイトルとURLをコピーしました