【世界一受けたい授業】(3月21日)餃子の皮ヌードルの作り方&餃子の皮アレンジレシピ(山本ゆり先生レシピ)

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年3月21日の『世界一受けたい授業』では、今日本一売れているレシピ本『syunkonカフェごはん』シリーズ著者・山本ゆり先生(33歳)がおうちで簡単カフェごはんを紹介してくれました。

余りがちな食材を使ったアレンジレシピも公開!

この記事では、餃子の皮ヌードルの作り方をまとめます!

スポンサーリンク

餃子の皮ヌードルの作り方

【材料】

餃子の皮     6枚程度
豚ばら肉     30g程度
しめじ      ひとつかみ程度
えのき      ひとつかみ程度
塩        ひとつまみ

チューブのおろししょうが   2~3㎝程度
顆粒鶏ガラスープの素     大さじ1程度
砂糖             小さじ1/2
しょうゆ           小さじ1/2
好みで刻み葱、白炒りゴマ    適量

【作り方】

1.餃子の皮を5㎜に細切りする

2.豚バラ肉を食べやすい大きさに切る

3.鍋に水・鶏ガラスープの素・しょうゆ・塩・こしょう・にんにく・しょうがを入れ、火にかける

4.沸騰したら餃子の皮・豚バラ肉・もやしを入れ1~2分煮る

5.器に盛り、ごま油・ねぎ・白ごま・黒こしょうを振りかけて完成!

スタジオでも試食していましたが、「もちもちで美味しい!」と好評でした。

アボカドとチーズのパリパリ焼きの作り方

餃子の皮のアレンジレシピ2つ目は、アボカドとチーズをINしたメニューです。

【材料】

餃子の皮         24枚
アボカド         1個
マヨネーズ       大さじ2
塩           少々
とろけるスライスチーズ  3枚

【作り方】

1.アボカドをつぶしてマヨネーズ・塩と混ぜる

2.1とチーズを餃子の皮で挟み、揚げ焼きする

おつまみやおやつにちょうど良いそうですよ!

餃子の皮で『食べられる器』

【作り方】

アルミカップに餃子の皮(底にフォークで穴を開けておく)を入れて、トースターで焼くだけ!

出来た器にはトマト・チーズや、アボカド・エビマヨなどをのせ、食卓に出せばおしゃれな一品に!

まとめ

餃子の皮だけで、こんなに色んなアレンジができるのは驚きですね。

次のページでは、洗い物を減らすテクニックをまとめます↓

【世界一受けたい授業】(3月21日)山本ゆり先生のペペロンチーノの作り方&洗い物を減らすテクニック(クッキングシート・ラップ活用)!

タイトルとURLをコピーしました