【世界一受けたい授業】(3月14日)絶品豚ロースのソテーの作り方!名店シェフの魔法のレシピ公開

グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年3月14日の『世界一受けたい授業』では、肉の名店シェフがスーパーのお肉を美味しく調理する方法を公開。

マルディグラのオーナーシェフ・和知徹先生が教えてくれた2品目は、豚ロースのソテーでした。

この記事では、豚肉をやわらかく旨味たっぷりにするレシピをまとめます!

スポンサーリンク

梅酒ソースの豚ロースソテー

和知シェフのお店では、豚ロースには岩手県産のブランド豚・岩中豚(ビタミンEが豊富)を使ってます。

そんな豚ロースのソテーを家庭で再現するレシピがこちらです!

豚ロースは1.5㎝くらいの厚みのものを選びます。

1.豚ロース肉を室温に戻しておく

2.豚ロース・玉ねぎスライス・刻んだニンニク・すりおろしショウガ・醤油(大さじ1)梅酒(大さじ2)を加えて揉み込み、30分漬けておく

<Point>お店で使うポートワイン(甘みあり)の代わりに梅酒を使うと、クエン酸で肉がやわらかくなり、甘みがあるのでコクが出る

3.フライパンに油をひき、漬け込んだたれと野菜と一緒に豚ロース肉を焼く

<Point>焼き色がつくまで触らない!(温度が下がり、焼きムラになる)同じ火加減でキープすることがポイント。

4.2分焼いて色がついたらひっくり返し、裏面も焼いていく

5.串をさして赤い汁がでなければ、火が通ったサイン

6.肉を取り出したフライパンに梅酒を注ぎ、水溶き片栗粉でとろみをつける(肉に絡みやすくするため)

7.お肉にソースをかければ、完成!

豚ロースソテーのお味は?

スタジオで試食していましたが、「ものすごくやわらかい!」「甘い!」と好評でした。

梅酒ソースはもう少しショウガを効かせて、うす切り豚ロースと揉み込んで焼けばしょうが焼きにもなります。

鶏肉・牛肉なんにでもあうソースだそうですよ!

まとめ

スーパーで買う豚ロース肉でも、梅酒に漬け込むだけで美味しい絶品ソテーに変身するんですね!

次のページでは、鶏むね肉のクリーム煮のレシピをまとめます↓

【世界一受けたい授業】(3月14日)鶏むね肉のクリーム煮の作り方!名店シェフの魔法のレシピ公開

タイトルとURLをコピーしました