【林修の今でしょ講座】(3月10日)バターのすごいパワー②脂肪燃焼効果!

バター 生活の知恵
バター
スポンサーリンク

2020年3月10日の『林修の今でしょ講座』では、ハチミツVSバターの驚きのパワーが特集されました。

バターについて教えてくれたのは、日本獣医生命科学大学の佐藤薫先生です。

バターには脂肪を燃焼する効果が期待できる⁉

この記事では、バターのすごいパワー②をまとめます!

スポンサーリンク

バターのすごいパワー2.バターの成分が脂肪を燃焼する!

バターは脂肪分を集めたものなのでカロリーはありますが、脂の中に色んな種類の脂肪分が入っています。

中でも特別な脂肪成分とは?

脂肪を燃焼する『共役リノール酸』

佐賀大学による研究では、共役リノール酸を含んだエサを2週間ラットに食べさせ経過を観察しました。

すると共役リノール酸を含むエサを食べた肥満ラットの高脂血症・内臓脂肪を抑制することがわかりました。

人の実験でも、内臓脂肪の減少・お腹周りの脂肪の減少が報告されています。

とはいえバターはカロリーも高いので、10gを毎日とるのがおすすめとのこと。

脂肪燃焼効果をより引き出すバターとの組み合わせは?

Q.脂肪燃焼効果をより引き出すための、バターとの組み合わせはどの食材?

A.牛肉 B.豚肉 C.鶏肉

<答え> A.牛肉

牛肉は脂肪燃焼を促進するL-カルニチンを最も多く含むので、脂肪燃焼効果を高めるそうです。

牛肉にも共役リノール酸が含まれているので、L-カルニチンにはWパワーで脂肪燃焼効果が高まります。

ハチミツにはこの成分は含まれていませんが、脂肪の体内蓄積を抑える効果があります。

太りたくない人⇒ハチミツ

すでに太ってしまった人⇒バター

がおすすめとのこと。

まとめ

バターのすごいパワー②は次の通りです。

●バターの成分共役リノール酸が脂肪燃焼を高める

●バター×牛肉で脂肪燃焼効果がさらにアップする

次のページでは、バターのすごいパワー③認知症予防についてまとめます↓

【林修の今でしょ講座】(3月10日)バターのすごいパワー③脳の働きを活性化!バターが認知症リスクを下げる⁉

タイトルとURLをコピーしました