【林修の今でしょ講座】(3月10日)ハチミツVSバター対決!1日10gのバターで免疫力強化

スポンサーリンク
ハチミツVSバター健康関連情報
ハチミツVSバター
スポンサーリンク

2020年3月10日の『林修の今でしょ講座』では、ハチミツVSバターの驚きのパワーが特集されました。

バターについて教えてくれたのは、日本獣医生命科学大学の佐藤薫先生です。

1日10gのバターで、さまざまな健康効果が⁉

この記事では、バターの免疫力強化パワーについてまとめます!

スポンサーリンク

バターのすごいパワー①感染症対策に!バターを食べて免疫力UP

私たちの体の免疫力が低下すると、新型コロナウィルスなど、様々なウィルスに感染しやすくなります。

バター博士によると、バターには免疫力を上げる栄養素ビタミンAが含まれているそうです。

ビタミンAは腸内で免疫細胞を活性化し、ウィルスの侵入を防ぐと言われています。

バターの原料は牛乳ですが、バターに加工することでビタミンAが約13倍の量に増えるそうです。

バターは牛乳をギュッと凝縮して作られるので、それだけ栄養素も増加します。

牛乳は脂肪分の低い脱脂乳と、脂肪分の多いクリームに分けられます。

このクリームがバターの元になります。

16リットルの生クリームを攪拌(かくはん)して、6~7㎏のバターが出来上がります。

約1/3の重さに凝縮された栄養成分が、感染症予防に効果的なのです。

バターの黄色は、ビタミンAの元になるカロテンという成分の色だそうです。

1日10gのバターをとることで、免疫力をアップできます。

バター×ほうれん草 で免疫力アップ

免疫力をよりアップさせるバターの調理方法とは?

バター生産量日本一の北海道で、健康長寿のバター活用法を調査しました。

酪農家の食事を見てみると、ご飯にもバター、ほうれん草の炒めものにもバターが使われていました。

バターにはビタミンAが含まれていますが、ほうれん草にもビタミンAが含まれています。

ビタミンAは脂溶性のため、バターで炒めることで吸収率がアップします。

バター×じゃがいもで免疫力アップ

82歳の柴田さんは、現役のスピードスケート選手です。

1週間に4、5回練習しており、日々運動を欠かさないそうです。

そんな柴田さんがトレーニング後に食べているのが、じゃがバターです。

バターの中にはビタミンA・ビタミンEが含まれています。

じゃがいもの中にはビタミンCが豊富です。

ビタミンACE(エース)は免疫力アップすると言われています。

またじゃがいものビタミンCは、加熱しても分解されにくいそうです。

底にバターをのせて食べれば、免疫力アップに効果的で理にかなっているそうです。

ハチミツにも免疫力アップ成分が!

ハチミツに含まれるオリゴ糖は腸内環境を整え、免疫力を上げてくれると言います。

バターほど免疫力UP効果は高くありませんが、ハチミツにも免疫力を上げる成分が含まれているとのこと。

どちらも活用したいですね!

まとめ

バターのすごいパワー①は、次の通りです。

●バターのビタミンAが免疫力をアップして、感染症予防に効果的!

次のページでは、バターのすごいパワー②脂肪燃焼効果についてまとめます↓

【林修の今でしょ講座】(3月10日)バターのすごいパワー②脂肪燃焼効果!

タイトルとURLをコピーしました