【ぴったんこカンカン】(2月7日)大泉洋&小池栄子の弾丸旅!神戸の世界一朝食・静岡のジビエ・福岡の寿司を食べまくる

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年2月7日の『ぴったんこカンカン』では、大泉洋さん&小池栄子さん&安住アナが1日で神戸・静岡・福岡をめぐる弾丸旅が放送されました。

神戸では世界一の朝食、静岡ではジビエ料理、福岡ではTV初の寿司の名店で絶品グルメを食べまくります。

この記事では、番組で紹介されたお店をおさらいします。

スポンサーリンク

旅のスケジュール

3都市を1日で巡る弾丸旅、まずは羽田空港を6時半に出発です。

芸能界屈指のグルメ通・大泉洋さんが一生に一度は行きたい!という希望のお店で絶品グルメを食します。

1日のスケジュールがこちらです。

5:50    羽田空港集合

6:30~7:45 羽田→伊丹へフライト

8:50~9:30 神戸で世界一の朝食

9:50~11:50 新幹線で新神戸→浜松

12:05~13:15 フリータイム

14:00~14:30 浜松で究極のジビエ

16:00~17:55 静岡→福岡へフライト

18:50~19:30 福岡で最高峰のすし

21:00~22:30 福岡→羽田へフライト

22:30 羽田空港到着

福山雅治さんの面白話や大泉洋さんのものまねを聞きながら、最初のお店へ向かいます。

世界一の朝食!神戸北野ホテル(神戸)

神戸北野ホテルは客室わずか30室という贅沢なホテルで、きめ細やかなおもてなしで人気です。

神戸北野ホテルではフレンチの巨匠ベルナールロワゾー氏から公式に受け継いだレシピで、美食家たちから「世界一」と絶賛される朝食がいただけます。

生野菜を一切使わない代わりに提供される「飲むサラダ」が絶品と評判です。

日本では唯一ここだけで食べられる世界一の朝食です。

飲むサラダはパセリ青りんご、にんじんビート、パプリカマンゴーなど全5種類。

低速回転ミキサーで作るので、酵素をそのままを摂ることができるそうです。

岩手産 栗の花のハチミツ&ヨーグルトは、6月下旬の2週間しか収穫できない貴重なハチミツが使われています。

乳酸菌の量を10倍にした酸味の強いヨーグルトとハチミツの甘さのコントラストを楽しめます。

シェフ厳選ハム・ジャンボンブランは、パンのうえにのせてお好きなバター(北海道産バター3種)を塗り、サンドイッチにしていただきます。

丹波地鶏の半熟卵は地元産のお塩でいただきます。

苺のコンフィチュールは、低温真空調理でイチゴの風味を活かした一品。

クロワッサンと一緒に食べるのがオススメとのこと。

わずかな滞在時間でしたが、食べきれなかったパンなどはテイクアウトもできるようです。

【神戸北野ホテル】

住所:兵庫県神戸市中央区山本通3-3-20

世界一の朝食 7150円

1泊朝食付 19350円

冬に絶対食べたいジビエ!竹染(静岡)

出典:竹染

2軒目は伝説のジビエハンターが営む竹染(ちくせん)。大泉洋さんが一生に一度は来てみたかったお店です。

グランメゾン東京に登場した伝説のジビエ料理人・峰岸(石丸幹二)のモデルとなったのが、こちらの店主・片桐さんだそうです。

日本中からファンが集まる超人気店で、「一口食べればジビエの概念が変わる」と言われる伝説的名店。

コースはまず鹿のもつ煮からスタートです。

つづいて猪鍋 しゃぶしゃぶ付 1人前3850円が登場!

冬の今しか味わえない旨味たっぷりの一品です。味付けは塩のみなのに、臭みのない猪肉から上品なだしがでるそうです。

安住アナいわく「高級な昆布だしのよう」とのこと。

猪のヒレカツは柔らかく、子牛に近い味だそう。

鹿野スペアリブ焼き&猪のもつ焼き(ハツ・レバー)は「味付けが絶妙!」と大泉洋さん大絶賛でした。

最後に名古屋コーチンの卵を使用した雑炊まで満喫できました。

【竹染】

静岡県浜松市天竜区二俣街二俣2177

※完全予約制 お昼は13:00まで

天然物おまかせコース 1人前7700円~

TV初登場!菊鮨(福岡)

出典:菊鮨

福岡の新進気鋭寿司職人が握る最高峰のすしが食べられる『菊鮨』は通常取材拒否のお店ですが、今回特別にテレビ初登場とのこと。

二代目ご主人はモナコ公国の5つ星ホテルで副料理長・寿司の指導者として活躍した瀬口祐介さんです。

丁寧な仕事でネタの旨味を最大限に引き出したすしは、福岡の江戸前寿司の最高峰と言われています。

予約は数か月先までいっぱいなんだそうです。

料理はおすすめ おつまみ4種からスタート。

山口県下関産ふぐの白子のおつまみは、磯醤油と下に隠されたご飯を混ぜながらリゾット風に食べます。

佐賀・いろは島産牡蠣の茶碗蒸しはあんかけ風になっていて、牡蠣の火の通りが絶妙なんだそうです。

山口・宇部産渡り蟹の日本酒漬けは、2日間日本酒としょうゆに漬け込んだ一品です。

いよいよ登場した握りずしはそれぞれ味付けしてあり、そのままいただきます。

福岡・玄界灘産カスゴの握りはみずみずしく、大泉洋さん、小池栄子さんともに一瞬フリーズしてしまう美味しさ!

このほかにも青森・大間産マグロの握り根室産うになど、絶品すしを満喫しました。

【菊鮨】

福岡県春日市春日公園3-51-3

昼12:00 夜18:00~22:00(定休日 月曜)

一生に一度は行ってみたいお店

グルメ通の大泉洋さんが選んだお店だけあって、一生に一度は行ってみたいお店ばかりでした。

できれば弾丸ツアーではなく、それぞれのお店はじっくり堪能してみたいですね!

タイトルとURLをコピーしました