【ヒルナンデス】(1月9日)小林まさみ先生の木金レシピ!絶品天津飯の作り方など3品

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年1月9日の『ヒルナンデス』では、週末を乗り切る『木金レシピ』が放送されました。

今回レシピを披露してくれたのは、長寿番組『キューピー3分クッキング』でお馴染みの小林まさみ先生です。

前回は野菜嫌いのお子さんも食べられるメニューを考案してくれました。

今回は小林先生の義理のお父さんも登場!

冷蔵庫の残り物を使った絶品天津飯など、気になるレシピが満載です。

この記事では、番組で紹介されたレシピをおさらいします。

スポンサーリンク

回鍋肉風肉みそキャベツ

1品目は野菜嫌いの子供も食べられる回鍋肉風肉みそキャベツ

材料費は1人前96円(税抜)という安さです。

【材料】

キャベツ 400g(1/2個)

ピーマン 3個

豚バラ薄切り肉 180g

サラダ油 適量

味噌 大さじ1と1/2

砂糖 大さじ1

酒 大さじ1

チューブにんにく 少々

醤油(下味用) 小さじ1 

酒(下味用) 小さじ1

【作り方】

1.キャベツ(400g)・ピーマンは食べやすいサイズに切る

2.1をボールに入れて油をかけて混ぜ、電子レンジ600wで3分加熱する

<Point>野菜は電子レンジで加熱すると、柔らかくなり食べやすい

<Point>油をかけてチンすることで、炒めた感じに仕上がる

3.味噌・砂糖・酒・チューブニンニク少々をボールに入れ、よく混ぜ合わせる

4.豚バラ肉を3㎝幅に切り、醤油・酒を揉み込み、下味をつける

<Point>トレイの上で揉み込み、余計な洗い物を増やさない

5.フライパンで豚バラ肉を炒め、色が変わったら味噌ダレを入れてなじむまで炒める(大人用ならここで豆板醤を入れる)

6.電子レンジで加熱したキャベツとピーマンの水分をよく拭き取り、大皿に盛りつける

<Point>味が薄まらないよう水分はよく拭き取る

7.6の上に豚バラ肉をのせれば完成!

お肉と野菜は最初から和えずに、一緒に食べます。野菜嫌いのお子さんも、「美味しい」と好評でした。

翌日は春巻きの皮に巻いて、油で揚げるとお父さんのおつまみにも!

ゲストの清野菜名さんと横浜流星さんが試食していましたが、「美味しい」と言っていました。

冷蔵庫の残り物で天津飯

ここからは小林まさみ先生のアシスタントも務める、義理のお父さん・まさるさん(86歳)も登場です。

ご自身もレシピ本を出したり、オリジナルの唐辛子の醤油漬け「まさる漬け」(1080円)を出したり、大活躍しているそうです。

調理中もお二人の掛け合いが面白く、楽しめました。

【材料】

カニカマ 1袋

エノキ 1袋

長ネギ 80g(2/3本)

水 100㏄

酢 大さじ2

砂糖 大さじ1と1/3

醤油 大さじ1と1/3

ケチャップ 大さじ2

水溶き片栗粉(水・片栗粉 小さじ2ずつ)

卵 6個

ごま油 適量

【作り方】

1.エノキは4~5㎝幅に、長ネギは斜め薄切りにする

2.1をごま油をひいたフライパンで、塩コショウを振ってしんなりするまで炒める

3.水・酢・砂糖・醤油・ケチャップを耐熱容器に入れ、よく混ぜ合わせる

<Point>天津飯のあんは、ケチャップでコクと風味が増す

4.3をラップをかけずに電子レンジ600wで2分加熱する

5.4に水溶き片栗粉を加えて、さらに電子レンジ600wで1分加熱する

6.卵をボールに割り入れよく溶き、炒めておいたエノキ・長ネギとカニカマをほぐして入れ、よく混ぜ合わせる

7.ごま油をひいたフライパンで炒り卵を作る要領でかき混ぜるように焼き、ご飯の上に乗せる

8.5のあんを7の上にかければ完成!

1人前の材料費140円(税抜)で、お手軽な天津飯。

エノキから旨味が出て、ふわふわで美味しいそうです。

翌日は焼きそばを油で両面カリカリに焼き、その上にかければ天津焼そばの出来上がりです。

魚肉ソーセージと豆腐のヘルシーチヂミ

最後は旦那様のおつまみにピッタリなヘルシーチヂミです。

【材料】

ニラ 1束

魚肉ソーセージ 2本

小麦粉 50g

片栗粉 25g

卵 1個

塩 小さじ1/4

絹ごし豆腐 1/2丁

ピザチーズ 適量

ごま油 適量

【作り方】

1.ニラを3㎝幅に切り、魚肉ソーセージは斜め薄切りにする

2.ボールに小麦粉・片栗粉・卵・塩・絹ごし豆腐を入れ、よく混ぜ合わせる

<Point>水の代わりに絹ごし豆腐を入れることで、フワフワ・ボリューミーなチヂミになる

3.2にニラ・魚肉ソーセージ・ピザチーズを入れ、よく混ぜ合わせる

4.3をごま油(大さじ1)をひいたフライパンに流し入れ、強めの中火で片面を回しながら焼く

5.一度皿の上に出し、フライパンをかぶせそのままひっくり返す

6.さらにごま油を回しかけ、3分焼けば完成!

1人前の材料費117円(税抜)で、こちらもリーズナブル!

そのまま食べてもOKですが、酢醤油やポン酢をかけて食べてもおいしいそうです。

翌日は切り餅を薄く切り、チヂミをサンドしてトースターで焼き、ポン酢しょうゆに絡めて海苔で巻いて食べるチヂミ餅サンドに!

冷蔵庫の残り物がごちそうに!

小林まさみ先生のレシピは家にある材料で作れるものばかりなので、作りやすいですね。

我が家でも夕食のメニューとして、近いうちに作ってみたいと思います!

1月9日に紹介された東京農家のレシピもこちらにまとめていますので、あわせてご覧ください↓

【ヒルナンデス】(1月9日)東京農家の収穫野菜活用!水菜の肉巻き&じゃがバタおかか&カブと豚肉の和風スープのレシピ

タイトルとURLをコピーしました