【モニタリング】磯野貴理子さんの激変メイクのやり方 メイクテクで20歳若返り!(8月27日)

スポンサーリンク
美容関連情報
スポンサーリンク

2020年8月27日の『ニンゲン観察バラエティ!モニタリング』では、磯野貴理子さん(56歳)が激変メイクに挑戦!

今回20歳若返るメイク術を教えてくれたのは、深田恭子さんや宮沢りえさんから絶大な支持を集める錯覚の魔術師・大橋タカ子さんです。

この記事では、20歳若返るメイクのやり方についてまとめます!

スポンサーリンク

磯野貴理子さんの肌悩み

磯野貴理子さんのお悩みは、年齢とともにたるんで下がってきたまぶただそうです。

「少しでも若く見られたい!」という貴理子さんに、大橋さんが掲げたテーマは「マイナス20歳!」でした。

マイナス20歳も若返らせる『斜め上テクニック』とは⁉

眉頭を斜め下に描く逆転の発想でまぶたが上がる!

まずは大橋さんのメイクテクで、眉を斜め上に引き上げると言います。

眉を上げるというと、次の2つの方法が思い浮かびますが…

●眉尻を斜めに上げて描く

●眉山を上の方に描く

大橋さんのメイク術は、全く違う方法でした。

『眉毛を斜め上ではなく、斜め下に描く』というテクニックで、かえって角度がつきたるんだまぶたが引き上がって見えるそうです。

貴理子さんも眉頭の下をアイブロウで描くことで、実際に目が引き上がって見えるようになりました。

アイラインを目頭に2ミリ描くだけで若い目元に!

「アイラインは眉尻を少し上げて描く」という貴理子さん。

大橋さんによると、それで上がるのは40代までだと言います。

大橋さんのテクニックなら、50代でも目元が若く見えるそうです。

アイラインも目頭に2ミリ描くだけで、若い目元になります。

貴理子さんも同様のメイクをしてみたところ、錯覚で目が吊り上がったようになりました。

チークは

通常1色のチークでメイクするのが一般的ですが、頬の引き上げには2色使うのが効果的だそうです。

まずは暗めのチークを使い、少し高いこめかみの位置からシャープに口角まで斜めにチークを入れます。

今度は少し明るめの色で頬骨のあたりに丸くチークをのせます。

暗いチークの上に明るいチークを重ねると、目の錯覚で明るい部分が立体的に見えます。

貴理子さんもチークを入れてみましたが、頬が引き上がりたるみが解消した印象になりました。

磯野貴理子さんの激変メイク後は?

大橋さんの激変メイクで、磯野貴理子さんの目元のたるみも気にならなくなり、頬も立体感が生まれ若々しい印象に!

もともとおキレイですが、ホントに若々しくなっていました。

ぜひ参考にしたいですね!

同じ日に放送された大橋タカ子さんのメリハリ激変メイクは、こちらでまとめています↓

【モニタリング】大橋タカ子さんの激変メイク術 7人家族のママがメイクテクで別人に⁉(8月27日)

タイトルとURLをコピーしました