【マツコの知らない世界】ヨーグルトアレンジ2品(バイバイ菌・追い菌)の作り方 菌で楽しむヨーグルトの世界(9月15日)

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年9月15日の『マツコの知らない世界』では、マツコの知らない世界が特集されました。

毎週3㎏のヨーグルトを食べるというヨーグルトマニアの阿部花映さんが、おすすめのヨーグルトを厳選!

この記事では、阿部さんおすすめのヨーグルトアレンジ・××菌(バイバイ菌)と追い菌のレシピを紹介します!

スポンサーリンク

××菌(バイバイ菌)

阿部さんが見つけたベストなヨーグルトの組み合わせは、次の3つのよーぐるを組み合わせたものです。

●明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン

ブルガリア菌・サーモフィラス菌により酸味が強い

●小岩井 生乳100%ヨーグルト

ビフィズス菌BB-12によりミルク感が強い

●カスピ海ヨーグルト プレーン

クレモリス菌によりねっとり感がある

3品を混ぜ合わせることで、酸味・ミルク感・とろみ、それぞれの良い部分が活きてとても食べやすくなるそうです。

追い菌

阿部さんいわく、乳酸菌に発酵食品をプラスすることでよりヨーグルトが美味しくなるそうです。

例えば、次のような組み合わせがおすすめとのこと。

●ヨーグルト×サングリア(酵母菌)

サングリアの酵母菌を追い菌することで、フルーティーな味が加わり楽しめる

●ヨーグルト×醤油(麹菌)

醤油の麹菌を追い菌することで、旨味と甘さがプラスされ美味しくなる

●ヨーグルト×キムチ(乳酸菌)

キムチの乳酸菌を追い菌することで、ほどよい酸味とキムチの旨味が加わり美味しくなる

マツコさんが試したのは、次の組み合わせでした。

●甘酒の麹菌×明治ブルガリアヨーグルト

あまざけには八海山酒造の『麹だけでつくったあまざけ』を使用。

麹菌が生み出すアミノ酸を乳酸菌に合わせることで、特にうま味と甘さが際立つ味になるそうです。

出典:八海山酒造

まとめ

最後にマツコさんが試食した甘酒の組み合わせは、甘酒が多めの方がより美味しかったようです。

阿部さんおすすめの激ウマヨーグルト3品は、こちらでまとめています↓

【マツコの知らない世界】激ウマヨーグルト3品 菌で楽しむヨーグルトの世界(9月15日)

タイトルとURLをコピーしました