【ホンマでっかTV】田舎暮らし最新情報 最強移住地は?(9月16日)

スポンサーリンク
移住関連情報
スポンサーリンク

2020年9月16日の『ホンマでっか⁉TV』では、『田舎で暮らそう!2020秋』が放送されました。

現在千葉県香取市で田舎暮らし中の佐藤藍子さんとサッカー元日本代表の巻誠一郎さんに、田舎暮らしの魅力を聞きます。

専門家が教える最強の移住地とは?

この記事では、田舎暮らしの最新情報をまとめます!

スポンサーリンク

田舎の優良物件は出回りにくい

現在東京圏に住む2人に1人が、田舎暮らしに興味があると言います。

ところが田舎の優良物件は、近所とのかかわりもあり、なかなか出回りにくいそうです。

そこで優良物件情報を手に入れるためには、地域のイベントなどに参加すると良いとのこと。

月4万円で全国各地の家に住み放題のサービスがある!

現在月4万円の定額で全国各地の家に住み放題というサービスがあります。

最初の30人の募集枠に対しては、1100人の応募が殺到しました。

利用者の7割は20~30代の若者でした。

サッカー元日本代表の巻誠一郎さんは、地元熊本宇城市でトマトやオクラの栽培をしているそうです。

ハウスの賃貸料は数万円と安く、最初の初期投資や人件費が安いとのこと。

作れば作るほど利益率が上がり、ハウス一棟で収益100万円くらいあがるそうです。

ただしハウスの維持費は暖房などの費用を入れて、3000~5000万円はかかるようです。

最強の移住地は大分県豊後高田市⁉

田舎暮らし専門の雑誌を編集する専門家によると、最強の移住地は大分県豊後高田市だそうです。

市からの支援策が168もあり、移住者に優しい地域です。

お仕事は唐揚げやさんやお好み焼き屋さん、工場などに勤めている人もいるそうです。

夫婦2人で15万円くらいで暮らすことができるとのこと。

移住スカウトサービスがある

移住する際に仕事探しが大変というイメージがありますが、現在移住スカウトサービスがあるそうです。

スキルや希望などプロフィールを登録しておくと、人材を探している地域から声がかかるとのこと。

一例として北海道足寄町の温泉の後継者などの職があるそうです。

500万円で建てるタイニーハウス

古民家に住もうとすると、維持費がかなりかかってしまいます。

そこでおすすめは、500万円くらいで建てられる小さな小屋『タイニーハウス』です。

必要なものはDIYなどで追加するとよいそうです。

山を丸ごとレンタルできる

アウトドアブームなどで、山を買う人が急増中だそうです。

そのため価格も以前の2倍以上になっており、敷居が高くなっています。

そこで専門家のおすすめは、山を丸ごとレンタルするサービスです。

宮崎県日南市では、山丸ごと1日8万円~借りることができます。

五右衛門風呂やピザ窯なども常設されているので、山暮らしを体験することができます。

小川で水力発電⁉

小川があれば小型水力発電ができる可能性があります。

秒速2㎞の流れであれば、

1台150万円くらいで購入できるそうです。

ちなみに電柱は1本20万円~購入できるとのこと。

 

田舎では草むしりが大仕事

佐藤藍子さんの住む田舎では、雑草の草むしりが大仕事だそう。

そこで電動の草刈り機を購入し、草刈りしているそうです。

苦手な人には大問題!田舎の虫をレーザーで退治するバリアがある

虫が苦手な人は、虫をレーザーで退治するバリアがおすすめとのこと。

 

都会と田舎両方経験すると子供の能力UP!

都会で育った子供は学力が高い傾向にあります。

対して田舎で育った子供は、コミュニケーション力や運動能力が伸びやすいそうです。

田舎でも都会でも暮らした子供は、両方ののうりょっくが身につくという研究結果が出ています。

アメリカの研究では、引っ越しの多かった子供の75%が20歳の時に文武両道に育っていました。

家族でいろいろな場所に住んだ方が、子供の能力アップにつながる可能性が高いそうです。

まとめ

田舎暮らし最新情報をまとめました。

次のページでは、ハラスメント最新情報についてまとめます!

【ホンマでっかTV】ハラスメント最新情報 知らないうちにあなたも当事者に⁉(9月16日)

タイトルとURLをコピーしました