【林修の今でしょ講座】糖質80%カット太りにくいパン(ローソン ブランパン)&最強組み合わせ食材!コンビニ健康食品(1月26日) | NEWS123

【林修の今でしょ講座】糖質80%カット太りにくいパン(ローソン ブランパン)&最強組み合わせ食材!コンビニ健康食品(1月26日)

スポンサーリンク
エンタメ情報
スポンサーリンク

2021年1月26日の『林修の今でしょ!講座』では、『健康志向のコンビニヒット商品を医学で斬ってみたSP』が放送されました。

コンビニ食品で健康パワーを得るための情報を紹介。

この記事では、糖質80%カットの太りにくいパンについてまとめます。

スポンサーリンク

ローソン ブランパンは糖質80%カット!

出典:ローソン

ローソンのブランパンは、シリーズ累計3億個売り上げる人気商品です。

「普通のパンより太りにくい」ということで人気を集めています。

パンはもともと糖質の高い食品なのですが、ブランパンの特徴は…

パンなのに糖質を80%カット!

小麦粉には70%のデンプン=糖質が含まれており、摂りすぎると糖尿病や肥満の原因になります。

通常のパン100g⇒糖質46.6%

ブランパン100g⇒糖質約7.86%

通常小麦粉は胚乳と呼ばれる部分のみを使用しますが、ブランパンはブラン=外皮という糖質がほぼない部分も使用しています。

ブランは栄養がありますがマズいため捨てられていましたが、ローソンが研究開発して美味しく食べられるようにしたのがブランパンなのです。

ブランパン1個には糖質2.2gしか含まれていません。

ブランパンがしっとりフワフワの理由は?

ブランパンはでんぷんの代わりに、オレンジの皮についている白い繊維を粉にして混ぜています。

これを混ぜることで、糖質を抑えても通常のパンと同じしっとりふわふわのパンになりました。

デンプンを加熱すると中の水分が膨張して、しっとりふわふわの食感になります。

白い繊維に含まれるペクチンを加熱すると、デンプンと同じ働きが得られることが分かったそうです。

ブランパンと最強の組み合わせ食品

小麦のブランにはタンパク質があまり含まれていません。

タンパク質を補い、食物繊維の働きをさらに高める乳酸菌が入ったものを組み合わせると良いそうです。

タンパク質豊富で乳酸菌も含まれるチーズを一緒に摂るのがおすすめです。

肉や卵などもおすすめです。

ブランパンはいつ食べるのがベスト?

人は夜が一番カロリーの吸収率が高く脂肪になりやすいため、ブランパンを食べるのがおすすめだそうです。

糖質が気になる人は、

朝昼⇒好きな物

夜⇒ブランパン

という食生活にするといいですね。

日本人の特に若い人は鉄分が不足しているそうです。ブランパンには鉄分が含まれるため、特に食べることをお勧めします。

ヨーロッパの人は鉄分の多くをブランからとっています。

<鉄分(必須ミネラル)の働き>

1.血行を良くする

2.体内でコラーゲンを生成する

またブランにはセレンという栄養素も含まれています。

セレンの働き⇒活性酸素など老廃物の分解・排除、肌トラブルの予防にも!

まとめ

ブランパンは糖質が少ないだけでなく、鉄分などのミネラルを摂るのにもおすすめの食品ということがわかりました。

次のページでは、症状別おすすめコンビニサラダを紹介します↓

【林修の今でしょ講座】コンビニサラダの選び方!免疫力・筋肉アップ・肌トラブルに健康食品は?(1月26日)

タイトルとURLをコピーしました