【ヒルナンデス】サバ缶冷や汁の作り方 リュウジさんの夏バテ防止レシピ(7月27日)

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年7月27日の『ヒルナンデス』では、料理研究家リュウジさんが夏バテ防止レシピを公開!

宮崎県の郷土料理『冷汁』は、いりこやアジなどのすり身を入れた冷たい味噌汁です。

本来手間のかかる料理ですが、これをサバ缶で作っていきます。

この記事では、サバ缶冷や汁の作り方を紹介します!

スポンサーリンク

サバ缶冷や汁の作り方

サバはビタミンB2 が多く含まれており、エネルギー代謝をよくしてくれます。

胃腸の働きを強化してくれるビタミンB6も含まれるので、食欲不振の改善にも!

そんなサバ缶を使った冷汁を作ります。

【材料(1人前)】

サバ缶水煮 1/2個

味噌    大さじ1

すりごま  大さじ1

白だし   20㏄

冷水    250㏄

キュウリ  1/3本

ミョウガ  1本

大葉    3枚

【作り方】   

1.キュウリを輪切りに、みょうが・大葉を千切りにする

2.サバ水煮缶(汁も半分くらい)を器に入れる

3.味噌・すりごま・白だしを加え、サバの身をほぐしながら混ぜ合わせる

<ポイント>サバの身が少し残るぐらい潰す

4.冷水250㏄を入れる

5.1の薬味をのせれば完成!

サバ缶冷や汁のお味は?

サバ缶冷や汁はサバの旨味がすごく出ていて、美味しいそうです。

これだけでも美味しいのですが、そうめんの漬け汁にしても美味しいとのこと。

ランチにピッタリなレシピですね!

次のページでは、ピーマン嫌いもピーマンが食べられる⁉レシピを紹介します!

【ヒルナンデス】ピーマン丼の作り方 リュウジさんの夏バテ防止レシピ(7月27日)

タイトルとURLをコピーしました