【林修の今でしょ講座】マスクの正しい知識(選び方・取り扱い方・保管法)(6月23日)

スポンサーリンク
生活の知恵
スポンサーリンク

2020年6月23日の『林修の今でしょ!講座』では、コロナ対策最新研究 今こそやるべき「正しい消毒法」が特集されました。

マスクは本当に予防効果がある?

マスク素材は何がおすすめ?

外したマスクの保管法とは?

教えてくれたのは日本感染症学会専門医・寺嶋毅先生です。

今知っておきたいマスク情報をまとめます!

スポンサーリンク

マスクの予防効果はある?

少し前まではWHOも「マスクは感染リスクの削減に根拠なし」と言っていましたが、マスクに予防効果はあるのでしょうか?

最新研究でその効果がわかったそうです。

マスクの目の隙間と花粉の大きさを比べてみると、花粉はかなり大きいためマスクを通過することができません。

ところがコロナウィルスのサイズはかなり小さく(マスクの隙間の数百分の1)、簡単にマスクの目の隙間を通過してしまいます。

最新研究では、『新型コロナはマスクをつけることである程度の予防効果が期待できる』ということがわかっています。

今年5月に行われた香港大学の研究では、新型コロナに感染したハムスターと歓声んしていないハムスターを隣に置き、間に換気扇を設置しました。

飛沫が飛ぶのと同じ環境にしたところ、7日以内に66.7%が感染しました。

間にマスクを設置して実験したところ、感染率は33.3%に減りました。

ここからマスクには、ある程度の予防効果があることが分かりました。

さらに飛沫の飛散防止が期待できるマスクを感染したハムスター側に置き、換気扇を置いたところ、感染率は16.7%になりました。

新型コロナウィルスは飛沫に含まれるため、マスクである程度の予防効果が期待できるそうです。

新型コロナウィルスの大きさがBB弾くらいとすると、飛沫の大きさは風船くらいの大きさになります。

これはマスクよりも大きいため、ある程度予防ができるとのこと。

マスクを外した時どうすればいいの?

食事などでマスクを外した時、どうすればいい?

テーブルに置く、ポケットに入れる、あごにずらすなど色々な方法がありますが…

どれもNGだそうです。

寺嶋先生によると、『ティッシュサンド』がおすすめだそうです。

マスクを清潔に保つティッシュサンドのやり方

1.ティッシュをテーブルの上に置く

2.マスクの口につける部分を下にして置く

3.その上にティッシュを置いてマスクをサンドする

ポケットに入れる場合⇒マスクの外側をティッシュで包むように折ってポケットへ

使い捨てのポリ袋がある場合は、ポリ袋に入れてポケットに入れるとより清潔に保てます。

マスクをあごにつけるなら、外しておいた方が安全だそうです。

マスクにアルコールをかけてもいいの?

マスクが不足しているとき、アルコールをかけて再使用する人もいましたが…

アルコールをかけて使うと体に良くないそうです。

・アルコールを直接吸い込む危険

・マスクの生地を傷め性能を下げてしまう

熱中症の1番の対策法は?

暑い中マスクをつけていると、顔の温度は急激に上がります。

マスクなし36度前後⇒マスクあり(5分後)40度前後

体温が上がることで脱水症状を起こしやすくなり、熱中症のリスクが上がります。

またマスクでのどが潤っているせいで、体の水分がカラカラなことに気づきにくいと言います。

熱中症対策①:1時間に1回水分補給する

熱中症の1番の対策は?

⇒のどが渇いていなくても、1時間に1回100mlの水分補給をする

【水分補強の目安】

ペットボトルなどの500mlの飲み物を、5回に分けて1時間に1回飲む

たくさん飲んでしまうと、安心して次の飲むことを怠りやすいとのこと。

常時水分は失われるため、こまめに水分をとることが重要です。

熱中症対策②:塩分補給する

塩分不足でも熱中症は起こります。

塩飴・スポーツドリンク・経口補水液などで、塩分を補うようにしましょう。

汗をかいてマスクが濡れたらどうすればいい?

汗をかいてマスクが濡れた場合、衛生的に良くない、また空気の通気性が悪くなるため、すぐにマスクを変えた方がよいそうです。

またマスクが濡れてしまう前に、こまめに汗をふくようにしましょう。

 

マスクの素材で効果に差はある?

マスク着用の1番の目的は飛沫を飛ばさないことです。

そういう意味で目の細かさが確保されていれば、素材により大きな差があるわけではありません。

ただし目が粗いガーゼ1枚の場合、飛沫が飛び出してしまうため、何枚か重ねた方がよいそうです。

マスクを洗う時やってはいけないこととは?

マスクを洗う時、洗濯機で洗うのは絶対にダメだそうです。

洗濯機で洗うと水の勢いで素材が痛み、目が粗くなることがあります。

目が粗くなると飛沫を防ぐ効果が落ちてしまいます。

マスクを干すときは日光が当たるところで干すと消毒される間隔がありますが、縮んでしまうため日陰で干した方がよいとのこと。

『マスクは繊維が傷まないよう手洗いし、陰干しする』

のが正しい洗濯法です。

まとめ

マスクに関する新常識や、正しい取り扱い方についてまとめました。

次のページでは、正しい消毒法についてまとめます!

【林修の今でしょ講座】正しい消毒法(6月23日)

タイトルとURLをコピーしました