【ごはんジャパン】海鮮白菜鍋(寄せ鍋)の作り方 小林雄二シェフのレシピ(1月23日)

スポンサーリンク
エンタメ情報
スポンサーリンク

2021年1月23日の『ごはんジャパン』では、宮城県仙台市の白菜が特集されました。

約100年前から作られているという白菜を、女優矢田亜希子さんが試食!

『青華こばやし』の小林雄二シェフが、甘くて柔らかくみずみずしい仙台の白菜を使ったレシピを教えてくれました。

この記事では、海鮮白菜鍋の作り方を紹介します!

スポンサーリンク

海鮮白菜鍋の作り方

出典:テレビ朝日

【作り方】

仙台伝統白菜

ヒラメ

ほっき貝

シイタケ

白ネギ

出汁

【材料】

1.白菜を丸ごと炭火焼にする(約1時間)

<ポイント>丸ごと焼いてうま味を閉じ込める

2.白菜を約30分アルミホイルに包んで休ませる

3.ヒラメを大きめにカットして、金串に刺して塩を振って炭火で焼く

<ポイント>炭火で炙り、皮目にある臭みを落とす

4.ほっき貝を開いてまな板に叩きつける

<ポイント>叩きつけて身をしめ、歯ごたえをよくする

5.土鍋に出汁・白菜・魚介類・シイタケ・ネギを入れて煮込む

<ポイント>白菜のグルタミン酸・ヒラメのイノシン酸・しいたけのグアニル酸で3つのうま味をプラス!

まとめ

出典:テレビ朝日

出来上がった海鮮白菜鍋は、口に入れた瞬間白菜がとろけていくそうです。

香ばしく焼いたヒラメも臭みがなく、いい味を出しているようです。

〆はうま味たっぷりの出汁に、ヒラメの身を加えて雑炊にしていました。

ちなみに今回使われた白菜は、仙台のもろやキッチンファームで提供されています。

冬場はアンチョビとチーズを混ぜたソースでいただく『仙台伝統白菜のグリル』というメニューでサラダとして提供されているそうです。

白菜の美味しい食べ方を教えてもらいました。

前回放送された広島風お好み焼きの作り方は、こちらでまとめています↓

【ごはんジャパン】広島風お好み焼きの作り方 広島・八昌のレシピ(1月16日)

タイトルとURLをコピーしました