【ごはんジャパン】ペペロンチーノ(夏とうもろこし使用)の作り方 レガーロ小倉シェフのレシピ(8月8日)

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年8月8日の『ごはんジャパン』では、イタリアンの匠・小倉知巳シェフが旬のとうもろこしを使ったペペロンチーノを披露!

千葉県我孫子市で作られたミルキーで優しい甘みが特徴のとうもろこし「ゴールドラッシュ」を持って、堀田あかねさんが東京・代々木の『レガーロ』を訪問しました。

小倉シェフが家庭でもペペロンチーノが簡単に美味しく作れる、ペペロンチーノのプロ技を教えてくれます。

この記事では、小倉流ペペロンチーノの作り方を紹介します!

スポンサーリンク

ペペロンチーノの作り方(レガーロ小倉シェフのレシピ)

1.トウモロコシを皮付きのまま電子レンジ500wで約5分加熱する

<ポイント>皮付きのまま加熱して、旨味を凝縮させる

2.大きめにニンニク1片をみじん切りする

※丸い面を3枚くらい薄切りして底辺にして、細切りするとカットしやすい!

3.加熱したとうもろこしの皮を剥き、1/2本分の実を芯に包丁を当てながら切る

<ポイント>とうもろこしを短く切って縦に持ち、芯に包丁を当てながら切ると無駄なく実がとれる!

4.フライパンにオリーブオイル30mlをひき、奥側にコーン、手前にニンニクをのせておく

<ポイント>奥側は温度が高いため、焦げやすいニンニクは手前にする

5.沸騰したお湯にしっかりめに塩を入れ、パスタ80gを茹でる

<ポイント>2Lのお湯に対して40g(約大さじ2)ほどの塩を入れる

<ポイント>大きめの鍋で記載してある茹で時間を守る

6.茹で上がり2分前に4のフライパンを火にかけ、ニンニクがきつね色に近づいたら火を止めてとうもろこしと混ぜ合わせる

7.しょうゆ水(しょうゆ3mlと水40ml)を残り5秒で6のフライパンに入れて混ぜる

<ポイント>プロでも加減が難しいゆで汁を加えるという工程をしょうゆ水で省き、初心者でもできるレシピに!

8.茹で上がったパスタを皿に盛り、7のとうもろこしソースを熱々の状態でパスタにかける

9.イタリアンパセリ・一味唐辛子・粉チーズ(パルミジャーノレッジャーノなど)を後がけする

とうもろこしのペペロンチーノのお味は?

堀田あかねさんが出来上がったペペロンチーノを試食しましたが、「なんでこんなに美味しいの!」という出来栄えでした。

油っぽさもなく、とうもろこしの旨味も感じられて美味しいそうです。

ポイントは次の3つ!

●2Lのお湯に対して40gほどの塩を入れ茹でる

●具材は焦がさないよう中火の弱火で炒める

●隠し味のしょうゆ水を入れる

夏野菜には色の濃い緑黄色野菜が多く、免疫力を高める抗酸化作用を持っています。

トマトなら強い抗酸化作用を持つリコピン、トウモロコシならゼアキサンチンといって皮膚や目の粘膜を強化しウィルスに負けない体をつくる色素が含まれています。

熱い環境に適応して生命力が高まった夏野菜を食べることで、元気な体を維持できます。

ぜひおうちでも旬野菜でマネしてみたいですね!

同じ日に放送されたカプレーゼの作り方は、こちらでまとめています↓

【ごはんジャパン】カプレーゼの作り方 レガーロ小倉シェフのレシピ(8月8日)

タイトルとURLをコピーしました