【ごはんジャパン】夏野菜のチキンカレーライスの作り方 レストラン大宮シェフが伝授 鶏ガラだしパックの作り方も!(7月18日)

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年7月18日の『ごはんジャパン』では、ワンランク上のバーベキュー料理が特集されました。

浅草『レストラン大宮』のオーナー大宮勝雄シェフが、お店でも大人気のカレーライスを簡単に家でマネできるマル秘レシピを公開!

この記事では、おうちで作れるレストラン大宮のチキンカレーライスと鶏がらだしパックの作り方を紹介します!

スポンサーリンク

夏野菜の本格チキンカレーの作り方

【材料(4人前)】

夏野菜     各種

玉ねぎ     2個

ニンニク    大さじ1

しょうが    大さじ1

にんじん    1本

水       1ℓ

オリーブオイル 適量

塩コショウ   適量

【作り方】

1.野菜にオリーブオイルをかけ、塩コショウで下味をつける

2.火の通り肉野菜(カボチャ、とうもろこしなど)から網焼きにする

3.鍋にオリーブオイルと冷凍しておいたみじん切り玉ねぎを入れ、5~6分炒める(透き通ればOK)

<ポイント>みじん切りした玉ねぎを冷凍庫で凍らせておくことで、短時間で甘味を引き出す!

4.みじん切りしたニンニク・しょうがを加える

5.香りが立ったらみじん切りしたニンジンを加えて炒め、水を入れる

6.鶏ガラだしパック(作り方は下記を参照)を入れ、フタをして煮込む

<ポイント>大量の鶏ガラと香味野菜を3時間以上煮込むお店の味を、鶏がらだしパックで再現!

7.鶏手羽先の肉の方を網で焼く

8.野菜を焼きながら15分ほど煮込んだら、だしパックを取り出す

9.カレールウ(作り方は下記参照)を入れ、スープに混ぜ合わせる

10.塩ふたつかみ(約大さじ2)を加え、味を調える

11.焼き上がった手羽肉を入れ、10分煮込む

12.お皿にご飯・焼き野菜を盛り、カレーをかければ完成!

簡単に手羽先の骨を外す方法&鶏ガラだしパックの作り方

1.手羽先の先の部分を滑らないよう紙で包んで持つ

2.手羽先の関節部分を引っ張って、骨を皮の薄い方へ向けて手のひらで押し出す

3.骨が飛び出してくるので、骨を手で抜き取る

4.外した骨と先の部分(10本分)をだしパックに入れる

残りの部分はカレーの具として使います。

レストラン大宮流カレールウの作り方

レストラン大宮では、カレー粉・上新粉・ホールトマト・チャツネ・ヨーグルト。スパイスオイルなどを使ってカレールウを作ります。

今回はスーパーで手に入る材料でカレールウの作り方を教えてもらいました。

【材料(4人分)】

カレー粉        30g

プレーンヨーグルト   100g

マーマレード      30g

上新粉         30g

トマトジュース(無塩) 200ml

オリーブオイル     100ml

塩           大さじ2

【作り方】

1.カレー粉、ヨーグルト、マーマレード、上新粉、塩、オリーブオイルを混ぜる

2.トマトジュースを加えて混ぜ合わせる

本格チキンカレーのお味は?

本格チキンカレーは野菜の旨味がギュッと詰まっていて、美味しいそうです。

今回炒めタマネギの時短ワザとして玉ねぎを凍らせましたが、玉ねぎを凍らせると氷の結晶が成長して細胞膜を壊します。

細胞の中にあった水・甘味・辛味成分が外にでてきますが、炒めることで水と辛味成分は蒸発して甘みだけが残るんだそうです。

炒めタマネギを時短で作れる裏ワザは、ぜひマネしたいですね!

同じ日に放送された豚バラ肉のディアブルソース焼きは、こちらの記事でまとめています↓

【ごはんジャパン】豚バラブロックのディアブル(悪魔)ソース焼き バーベキュー料理のプロ技をレストラン大宮シェフが伝授!(7月18日)

タイトルとURLをコピーしました