【相葉マナブ】広島つけ麺の作り方(ばくだん屋レシピ) ご当地うま辛麺(9月13日)

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年9月13日の『相葉マナブ』では、全国のご当地うま辛麺が特集されました。

冷たい広島つけ麺は、戦後中国から引き揚げた人がアレンジして作ったご当地グルメです。

この記事では、『ばくだん屋』さんの広島つけ麺の作り方を紹介します!

スポンサーリンク

広島つけ麺の作り方

【材料(1人分)】

中華麺       1玉

<つけだれ>

めんつゆ      45ml

ごま油       15g

オイスターソース  15g

ポン酢       45ml

ごま        大さじ1

一味唐辛子     小さじ1/2

ラー油       大さじ2

レモン       1/8個分

<具材>

きゅうり      1/3本

キャベツ      2枚

白髪ねぎ      1/3本

チャーシュー    2枚

ゆで卵       1個

【作り方】

1.めんつゆ・ポン酢・ごま油・オイスターソース・一味唐辛子・ラー油・ごまをボウルに入れ、混ぜ合わせてボウルごと氷で冷やしておく

2.麺を3分茹でて湯切りしたら、氷水でしめる

3.冷たい麺を器に盛り、キャベツ(千切りして茹でて冷やしたもの)・きゅうり(千切り)・白髪ねぎ・ゆで卵(半分に切る)・チャーシューをトッピングする

4.つけダレにレモンを絞り、麺をつけて食べる

<ポイント>レモンで酸味が効き、美味しくなる

広島つけ麺のお味は?

広島つけ麺はレモンのさっぱり感がよく、辛い冷やし中華といった感じだそうです。

今回紹介されたうま辛麺を最初からご覧になりたい方は、こちらからお願いします↓

【相葉マナブ】仙台マーボー焼きそばの作り方 ご当地うま辛麺(9月13日)

タイトルとURLをコピーしました