【相葉マナブ】スパイシー骨付鶏釜飯の作り方 第12回釜ー1グランプリ(8月16日)

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年8月16日の『相葉マナブ』では、『第12回釜ー1グランプリ』が放送されました。

今回は夏のスタミナSPというテーマで、数種類の釜飯が紹介されました。

香川県丸亀市の『スパイシー骨付鶏』は約70年愛されているご当地グルメで、にんにくなどで味付けし焼き上げた鶏もも肉のことです。

しっかりした食感のおやどりと、柔らかい食感のわかどりがあります。

この記事では、そんな鶏肉を使ったスパイシー骨付鶏釜飯の作り方を紹介します!

スポンサーリンク

スパイシー骨付鶏釜飯の作り方

【材料(4人分)】

米        3合

水        420ml

氷        120g

骨付き鶏(親鶏) 1本

骨付き鶏(若鶏) 1本

紅しょうが    適量

【作り方】

1.スパイシー骨付鶏を骨と身に分け、身をほぐす

<ポイント>鶏肉はタンパク質豊富で、筋肉などの栄養素に!

2.釜に浸水した米・水・骨・おやどりの身・わかどりの身・パックに入っていた鶏油(チー油)の順に入れる

<ポイント>鶏油はうま味・コラーゲンたっぷり出、入れるとより美味しくなる!

<ポイント>骨からも出汁が出て美味しくなる!

3.氷を入れて15分炊き、10分蒸らす

4.最後に紅しょうがをのせれば完成!

スパイシー骨付鶏釜飯のお味は?

鶏釜飯はお米が鶏油をまとっていて、おやどりとわかどりの食感の違いも楽しめて美味しいそうです。

次のページでは、カツ丼風釜飯のレシピを紹介します!

【相葉マナブ】カツ丼風釜飯の作り方 第12回釜ー1グランプリ(8月16日)

タイトルとURLをコピーしました